MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?

小売店に望むサービス展開1位は「自分好みの商品情報の提供」で約30%【フュージョン調査】

小売店に望むサービス展開1位は「自分好みの商品情報の提供」で約30%【フュージョン調査】

 フュージョン株式会社が実施した「小売店の利用実態調査からみる消費意識」によると、全国の20歳以上の男女1,000人の消費者が小売店利用において価格と立地を重視していることが明らかになった。この調査は、株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートシステムを利用して実施された。

 調査結果によると、スーパー、ドラッグストア、ホームセンターにおいて、「価格がお得なこと」が最も重要視される要素であり、次いで「立地が良いこと」が挙げられた。これは、消費者が価格面でのメリットとアクセスの利便性を小売店選びの重要な基準としていることを示している。

 一方で、コンビニにおいては「好きな店舗ブランドであること」が重要視される要素の一つとしてランクインした。これはコンビニが他の小売店と比較してブランド力による顧客のファン化が進んでいることを示唆している。

 また、会員プログラムに関する項目では、ドラッグストアが最も高い重要度を示し、スーパーが次点だった。しかし、コンビニにおいては会員プログラムの重要度が低いことが分かった。

 消費者が望むサービス展開に関しては、どの店舗においても約30%が「自分好みの商品情報の提供」を望んでいることがわかった。これは、消費者がパーソナライズされた商品情報を求めていることを示している。

小売店に望むサービス展開1位は「自分好みの商品情報の提供」で約30%【フュージョン調査】

 さらに、一度利用をやめた店舗に再び戻ることは少ないことが明らかになった。しかし、離反した店舗を再利用した経験がある人の中では、「欲しい商品が売られ始めたから」という理由が多く挙げられた。

小売店に望むサービス展開1位は「自分好みの商品情報の提供」で約30%【フュージョン調査】

 この調査は、小売店の利用実態と消費者の意識に関する重要なデータを提供している。小売業界においては、消費者のニーズに合わせたサービス提供や商品展開が今後の成功の鍵となるだろう。フュージョン株式会社は、今後も消費者の意識や行動に基づいたマーケティング支援を行っていく方針だ。

【関連リンク】

\無料登録受付中/