無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

成長スタートアップ企業の約7割が、自社のマーケターの年収は適正より多いと回答【KOBUSHI MARKETING調査】

成長スタートアップ企業の約7割が、自社のマーケターの年収は適正より多いと回答【KOBUSHI MARKETING調査】

 成長を遂げるスタートアップ企業において、マーケターの役割は非常に重要だ。KOBUSHI MARKETINGが行った最新の調査によると、ジュニアクラスから経営者クラスまで、マーケターのレベルごとの適正年収が明らかになった。

成長スタートアップ企業の約7割が、自社のマーケターの年収は適正より多いと回答【KOBUSHI MARKETING調査】

 この調査は、スタートアップ企業の採用担当者を対象に実施され、マーケターの採用における期待値と年収の実態が探られている。結果からは、ジュニアクラスのマーケターの年収は平均で300万円から500万円、ミドルクラスでは500万円から800万円、そして経営者クラスでは1000万円を超えることが多いことが分かった。

成長スタートアップ企業の約7割が、自社のマーケターの年収は適正より多いと回答【KOBUSHI MARKETING調査】

 また、採用担当者はマーケターに対して、デジタルマーケティングのスキルだけでなく、ビジネス全体を理解し、戦略的な思考を持つことを求めているという点も浮き彫りになった。特に、データ分析能力や市場のトレンドを読む力は、マーケターにとって必須のスキルとされている。

 スタートアップ企業におけるマーケターの採用基準は、企業の成長フェーズや業界の特性によって異なるものの、共通して重視されるのは「成果を出せる能力」だ。採用担当者は、実務経験だけでなく、成果にコミットできる実力を持った人材を求めていると語っている。

 調査によると、マーケターの採用においては、経験年数よりもこれまでの実績やスキルが重視される傾向にあることが明らかになった。これは、スタートアップ企業が迅速な成長を遂げるためには、即戦力となるマーケターが不可欠であるという現実を反映している。

 KOBUSHI MARKETINGの調査は、スタートアップ企業の採用担当者にとって貴重なデータを提供しており、マーケターを採用する際の参考になることだろう。マーケターの適正な評価と採用が、企業の成長を加速させる鍵となることは間違いない。

 今後もマーケターの需要は高まることが予想され、彼らのスキルや経験が企業の価値を大きく左右することになるだろう。スタートアップ企業におけるマーケターの採用基準と適正年収に関するこの調査結果は、業界に新たな基準を提示するものとなりそうだ。

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料