無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

電通グループ、「2024メディアトレンド調査」を発表 メディア業界は生成AI技術が主役になると予測

 電通は、今後数年以内にメディア業界を変貌させる10の新たな広告活動とテクノロジーを予測する「2024メディアトレンド調査 ~The Pace of Progress(進歩のスピード)~」を発表した。この調査では、Carat、dentsu X、iProspectを中心とした専門家が、グローバルに蓄積した知見に基づき、メディア業界における10の重要な変化の要因を予測・紹介している。

 調査の中で明らかにされた主なトピックとして、生成AI技術の活用、その収益化の普及、および広告におけるインテグリティによるブランド価値向上が挙げられる。具体的には、生成AI技術は、過去10年間で最も革新的な進歩とされ、63%のマーケティング担当者が既にこの技術を活用し始めていると回答している。この技術は、検索やクリエイティブ、メディアプランニングや制作など、多岐にわたるメディア業務の効率化を新たな次元へと引き上げることが期待されている。

 また、2024年には、プラットフォーマー間の競争が激化し、各プラットフォーマーは、より高い収益を得るために、データ保護の徹底やユーザーの理解、広告提供の強化に一層リソースを投下すると予想されている。

 さらに、2024年の成長は、収益性だけでなく、ブランドの社会に対するサステナブルな貢献についても注目される。社会と政治の分極化が進み、気候変動が深刻化する中、生活者とブランドにとって、より炭素効率が高く、多様で安全なオンライン空間を構築することが成功のカギとなると指摘されている。

 電通インターナショナル・マーケット メディア CEOのピーター・ハイブーンは、以下のようにコメントしている。

本調査レポートは、メディアこの領域で活躍するマーケター彼らがより付加価値の高い成果を生み出す要素、トレンド、テクノロジーを特定し、紹介することに重点を置いています。

 詳細な調査レポートは、電通の公式サイトで提供されている。

【関連リンク】