無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

メルマガ・LINEの登録理由1位はクーポンのため メルマガはWeb、LINEはリアルに強み【ユミルリンク調査】

メルマガ・LINEの登録理由1位はクーポンのため メルマガはWeb、LINEはリアルに強み【ユミルリンク調査】

 ユミルリンクとライトアップは、メールマガジンとLINEに関する共同調査を実施した。この調査は、CRM施策としての2つの媒体の実態を明らかにすることを目的としている。

 インターネットの黎明期から現在にかけて、メールマガジンはマーケティングツールとしての重要性を保ち続けている。一方、LINEはコミュニケーションツールとしての地位を確立し、ビジネスツールとしてもその価値を証明している。この2つのツールがどのように利用されているのかを明らかにするため、ライトアップとの共同調査が行われた。

メルマガ・LINEの登録理由1位はクーポンのため メルマガはWeb、LINEはリアルに強み【ユミルリンク調査】

 調査結果から、メールマガジンとLINEの登録のきっかけとして「クーポンがもらえるから」という理由が共に1位となった。具体的には、メールマガジンで57.8%、LINEで60.5%という結果となった。特にLINEでは、クーポン利用を主な目的としているユーザーが多いことが確認された。

メルマガ・LINEの登録理由1位はクーポンのため メルマガはWeb、LINEはリアルに強み【ユミルリンク調査】

 また、LINEのユーザーは情報収集を目的とした登録理由がメールマガジンよりも低いことがわかった。これは、LINEが実生活に密接して利用されていることを示唆している。具体的には、LINEは実店舗でのクーポン利用が定着していることが関係していると考えられる。

 メールマガジンとLINEの利用後の行動を比較すると、メールマガジンは「Webで購入・申し込み」や「Webでクーポンを利用する」という行動がそれぞれ45.7%・48.6%で上位を占めている。これに対して、LINEは「Webでクーポンを利用する」や「WebやSNSで検索する」がそれぞれ45.7%、37.5%となっている。

 この調査から、メールマガジンは情報収集やWeb上での購買活動に、LINEはリアルでのクーポン利用などの実生活に根ざした目的で利用されていることが明らかとなった。

 最後に、メールマガジンとLINEはそれぞれ異なる特性を持っているため、一方を選ぶのではなく、目的に応じて使い分けることで、その利用価値を最大化することができると考えられる。

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料