無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

中小企業での顧客管理ツール導入率は約6割 導入のメリットは「情報が一元管理できる」が最多【SMB調査】

中小企業での顧客管理ツール導入率は約6割 導入のメリットは「情報が一元管理できる」が最多【SMB調査】

 SMBが行った最新の調査によれば、中小企業の営業者1,062名のうち、約6割が顧客管理ツールを導入していることが明らかになった。この調査は、中小企業の営業者がどのようなツールを使用しているのか、また、どのような機能を求めているのかを明らかにすることを目的として実施された。

 顧客管理ツールの導入率は、全体で59.7%となっている。この数字は、中小企業の営業活動において、顧客管理ツールがどれだけ重要視されているかを示している。また、導入していない企業の中で、今後の導入を検討している企業も多数存在することが分かった。

 導入している企業の中で最も多かった理由は「業務効率化」であり、これに続く理由として「情報共有の向上」や「顧客対応の質の向上」が挙げられた。一方、導入していない企業の中で最も多かった理由は「導入コスト」で、これに続く理由として「使用方法がわからない」という声も多く聞かれた。

中小企業での顧客管理ツール導入率は約6割 導入のメリットは「情報が一元管理できる」が最多【SMB調査】

 求められている機能についても詳しく調査され、多くの営業者が「顧客情報の一元管理」や「業務フローの自動化」を求めていることが分かった。また、これらの機能を持つツールの導入により、業務の効率化や顧客対応の質の向上が期待されている。

中小企業での顧客管理ツール導入率は約6割 導入のメリットは「情報が一元管理できる」が最多【SMB調査】

 この調査結果から、中小企業の営業者は、顧客管理ツールの導入による業務の効率化や情報共有の向上を求めていることが伺える。今後の市場動向やツールの進化に注目が集まることとなるだろう。

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料