無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

生成系AIの活用に経営陣と現場でギャップを感じている大企業のDX推進業務担当者は約9割【グロースX調査】

生成系AIの活用に経営陣と現場でギャップを感じている大企業のDX推進業務担当者は約9割【グロースX調査】

 グロースXが発表した最新の調査結果によると、ChatGPTの登場から約1年が経過した現在、大企業のDX推進担当者の約9割が生成系AIに対する経営陣と現場の期待感ギャップを感じていることが明らかになった。

生成系AIの活用に経営陣と現場でギャップを感じている大企業のDX推進業務担当者は約9割【グロースX調査】

 この調査は、ChatGPTの登場を受けて、企業がどのようにAIを活用しているのか、また、その活用における経営陣と現場の期待感ギャップがどのように存在しているのかを明らかにすることを目的として実施された。結果として、DX推進担当者の89.3%が生成系AIに対する経営陣と現場の期待感ギャップを感じていると回答した。

生成系AIの活用に経営陣と現場でギャップを感じている大企業のDX推進業務担当者は約9割【グロースX調査】

 具体的には、経営陣はAIの導入による業績向上や業務効率化を期待している一方で、現場ではAIの活用による業務の質や効率の向上を求めているという。このようなギャップが生じる背景として、経営陣と現場の情報共有の不足や、それぞれの立場からの視点の違いが挙げられる。

生成系AIの活用に経営陣と現場でギャップを感じている大企業のDX推進業務担当者は約9割【グロースX調査】

 また、調査結果からは、生成系AIの活用に関する経営陣と現場の意識の違いや、その背景にある要因についての深い洞察が得られた。これらの情報は、今後の企業のAI戦略の策定や、DX推進の取り組みにおいて非常に有益なものとなることが期待される。

 今回の調査結果は、企業がAIをより効果的に活用するためのヒントや、経営陣と現場のコミュニケーションの改善方法を示唆している。グロースXは、今後もこのような調査を継続して行い、企業のDX推進に貢献していく方針を明らかにした。

【関連リンク】