無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

REGAL CORE、WEB広告における著名人の画像無断利用を確認 法令違反の広告に対する追加方針を報告

REGAL CORE、WEB広告における著名人の画像無断利用を確認 法令違反の広告に対する追加方針を報告

 REGAL COREは、薬機法・景表法などの法令違反になり得る表現を伴う記事LP(ランディングページ)の広告配信状況に関する調査を定期的に実施してきた。その中で、最近の調査で著名人の画像等を無断で利用する、パブリシティ権(肖像権)の侵害にあたる広告が増加していることが確認された。

 直近の調査では、情報商材などの広告が増加していることが確認された。特に、桐谷広人氏の画像や経歴を無許可で使用し、投資に関する情報を提供するかのような内容の広告が確認された。この広告では、桐谷氏が投資に関する情報を教えるとし、LINEの登録を促すような内容が含まれていた。

REGAL CORE、WEB広告における著名人の画像無断利用を確認 法令違反の広告に対する追加方針を報告

 REGAL COREは、このような広告が消費者の誤認を招く可能性があるとして、広告業界の健全化を図るために是正を求めている。特に、著名人の画像や情報を無断で利用することは、消費者の不利益につながるとの立場を取っている。

 今後、REGAL COREは、法令に違反していると思われる広告に対して、広告主だけでなく、配信プラットフォームやWEBメディアにも厳しく対応を求める方針を示している。また、薬機法だけでなく、画像等の無断利用などの権利侵害の観点にも注目し、消費者の利益を守るための調査を継続して行う予定である。

 なお、確認された広告の中には、桐谷氏をはじめとする著名人の画像や情報が無許可で利用されているものが多数含まれている。これらの広告は、消費者を誤認させる可能性が高いとして、業界内での警戒が求められている。

REGAL CORE、WEB広告における著名人の画像無断利用を確認 法令違反の広告に対する追加方針を報告

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料