無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

Z世代、マンガ広告に対する印象は約6割が「ポジティブ」【Toon Portal調査】

 Toon Portalは、SNS(YouTube、Twitter、Instagram、TikTok)を1日2時間以上閲覧しているZ世代(18歳〜26歳)111名を対象に、マンガ広告に関する実態調査を実施し、その結果を公表した。

 調査の結果、SNS上でマンガ広告を見たことがあるZ世代は約9割にのぼり、特に「YouTube」「Twitter」「Instagram」での露出が多いことが明らかになった。また、マンガ広告に対するイメージは、約6割が「ポジティブ」と回答。その理由として、半数以上が「エンターテインメント性があり、楽しみながら視聴できる」と感じていることが伺える。

Z世代、マンガ広告に対する印象は約6割が「ポジティブ」【Toon Portal調査】

Z世代、マンガ広告に対する印象は約6割が「ポジティブ」【Toon Portal調査】

Z世代、マンガ広告に対する印象は約6割が「ポジティブ」【Toon Portal調査】

 さらに、マンガ広告を見た後の行動に関しては、「広告主のサイトを見た」と回答した人が35.4%で最も多く、次いで「商品・サービスについて調べた」が31.3%、「商品を購入・アプリをインストールした」が25.3%と続いた。

Z世代、マンガ広告に対する印象は約6割が「ポジティブ」【Toon Portal調査】

 今回の調査から、マンガ広告はZ世代にとって非常に魅力的な広告手法であり、その効果も高いことが確認された。マンガ広告を活用することで、Z世代の関心を引きつけ、効果的な広告展開が期待できるだろう。

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料