無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

Salesforce、生成AI搭載の対話型アシスタント「Einstein Copilot」を導入 ニーズに合わせカスタマイズ可能

Salesforce、生成AI搭載の対話型アシスタント「Einstein Copilot」を導入 ニーズに合わせカスタマイズ可能

 Salesforceは、新たなAI技術を導入し、顧客体験の向上を目指している。この新技術は、企業が顧客との関係を深化させるための手段として注目されている。

 近年、企業のデジタルトランスフォーメーションが進む中、顧客との関係構築はより重要な位置を占めてきた。Salesforceの新たなAI技術は、このトレンドに応える形で開発されたもので、顧客体験の質を向上させることが期待されている。

 具体的には、この技術を活用することで、企業は顧客のニーズや要望をより正確に把握し、それに応じたサービスや商品を提供することが可能となる。また、顧客の行動や嗜好に基づいて、パーソナライズされたコンテンツを提供することもできるようになる。

Salesforce、生成AI搭載の対話型アシスタント「Einstein Copilot」を導入 ニーズに合わせカスタマイズ可能

 Salesforceの担当者は、新技術の導入について「顧客体験の向上は、現代のビジネスにおいて非常に重要な要素であり、私たちの新たなAI技術はその実現をサポートするためのものだ」とコメントしている。

 このような技術の導入は、企業が競争力を維持・向上させるための重要なステップとなることは間違いない。今後のSalesforceの動向に業界からの注目が集まることとなるだろう。

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料