無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

Web広告運用人材の平均年収は約623万円 広告運用経験は約7割が「5年未満」【Shirofune調査】

 広告運用自動化ツール「Shirofune」(https://shirofune.com)を開発・提供する株式会社Shirofuneは、株式会社キャスターと合同で、現在も含めこれまでにWeb広告運用関連業務に従事したことのある「マーケティング職、広告・販促職」の方88名および「人事・採用職」の方213名の計301名を対象とした、「Web広告運用人材の年収と採用難易度」に関するアンケートを行った。

調査結果サマリー

  • Web広告運用人材の平均年収は「約623万円」各階級ごとでは、ジュニアクラスで「約520万円」、ミドルクラスで「約550万円」、シニアクラスで「約750万円」、エグゼクティブクラスで「約916万円」
  • Web広告運用人材の約7割が「5年未満」のジュニア・ミドルクラスの広告運用経験であり、5年を超えるシニアクラス以上は希少価値が高くなる。また居住地別の分布では、首都圏・各地方エリアの都市部に集中していることがわかる。
  • 企業の採用ニーズが最も高いのはミドルクラスで、即戦力を求める傾向が強い。一方で採用に苦戦していると回答したのもミドルクラスが最も多く、採用難易度が高いことが想定される。
  • ミドルクラスの転職時のキャリア志向として、「マネジメント領域」や「マーケティング領域全般」など、広告運用領域以外を志望する割合が非常に高い。

 今回の調査を踏まえ、居住エリアと運用歴に応じたWeb広告運用担当者の年収の傾向と企業にとって自社が求めるWeb広告運用人材の採用難易度のハードルの高さがわかった。

 Web広告運用を内製化したい広告主や即戦力人材を確保したい広告代理店にとって、十分な採用予算を確保できるかどうかが大きな鍵となりそうだ。

調査結果詳細

 今回の調査では、役職をジュニア、ミドル、シニア、エグゼクティブの4つのクラスに分類して調査結果をまとめている。

 それぞれのクラスの定義は以下の通り。

Web広告運用人材の年収と採用難易度に関するアンケートの概要

Web広告人材の広告運用歴、および各クラスの年収相場について

 Q1,2では、現在も含めこれまでにWeb広告運用関連業務に従事したことのあるマーケティング職、広告・販促職の方88名に質問した。

Web広告運用人材の約7割が、運用経験「5年未満」のジュニア・ミドルクラス。

Web広告運用人材のWeb広告運用歴の調査結果

 Web広告運用歴の調査では、ジュニアクラスで「未経験〜2年未満」が27.3%、ミドルクラスが「3年〜5年未満」で39.8%となっており、Web広告運用人材の約7割の方が「未経験〜5年未満」のジュニア・ミドルクラスが占めていることがわかる。

全体の7割を構成するジュニアクラスの平均年収は約520万、ミドルクラスの平均年収は約550万。また、希少価値が高いシニアクラス以上は、平均年収750万以上。

Web広告運用人材の平均年収の調査結果1

Web広告運用人材の平均年収の調査結果2

 全体の平均年収は約623万円となり、階級別で見るとジュニアクラスの平均年収は約520万円、年収レンジとしては「400万円未満」が48.0%と最も高く、ミドルクラスは平均年収が約550万円、年収レンジは「400〜600万円未満」が37.5%で最多となっている。

 一方、シニアクラスは平均年収が約750万円、エグゼグティブクラスでは約916万円となっており、年収レンジも800万以上の比率がいずれも最多となっている。

居住別でみると、全体平均年収623万以上のエリアは東京・神奈川のみ。
また首都圏・各地方エリアの都市部に人材は集中している。

居住エリア別のWeb広告運用人材の平均年収調査結果1

居住エリア別のWeb広告運用人材の平均年収調査結果2

 Web広告運用人材の全体平均年収(約623万円)を上回っているエリアは東京都・神奈川県のみ。

 また、東京都、神奈川県、北海道、大阪府、埼玉県、福岡県、愛知県、千葉県の順でWeb広告運用人材の居住割合が大きく、これら8都道府県だけで全体の3/4を占めており、都心と東京都の近郊にWeb広告運用人材が集中している。

Web広告運用人材の採用状況について

 Q3,4では、現在も含めこれまでにWeb広告運用関連業務に従事したことのある「マーケティング職、広告・販促職」の方88名および「人事・採用職」の方213名の計301名の方に「企業側の採用ニーズ」に質問した。

企業側が採用したい人材は、「ミドルクラス」が36.8%と最も高く、続いて29.8%の「シニアクラス」が続く。即戦力人材の採用ニーズが高いことがわかる。

企業が採用したいWeb広告運用人材の調査結果

採用に苦戦している人材は、「ミドルクラス」が36.9%と最も高く、ニーズが高い層のため、企業側の採用難易度も高いことが想定される。

企業が採用活動に苦戦しているWeb広告運用人材要件の調査結果

 「ミドルクラス」は企業から一番求められており、同時に一番採用が難しい人材要件になっている。

 次点で、「ジュニアクラス」と「シニアクラス」がほぼ同じ割合で求められている要件であり、採用活動に苦戦している割合は「シニアクラス」の方がやや小さい結果となった。

 特に「ジュニア・ミドル・シニアクラス」と「エグゼクティブクラス」の間には大きな差があり、どちらかというと企画〜実行メンバーが市場で求められていることが考えられる。

Web広告運用人材のキャリア志向性と転職活動状況について

 Q.5,6では、現在Web広告運用業務に従事している方63名の方に「キャリア志向性や転職活動状況」について質問した。

採用ニーズが高い「ミドルクラス」が、希望する職種は、「マネジメント領域」が36%、「マーケティング全般領域」が32%と高く、「広告運用領域以外」が高い。

ミドルクラスのWeb広告運用人材のキャリア志向性の調査結果

 企業側の採用ニーズが高いミドルクラスの今後のキャリアについて質問すると、マネジメント職への希望が36.0%、マーケティング全般領域が32.0%と広告運用以外のマーケティティング領域への希望が全体の約7割を占める結果になった。

 また広告運用領域での継続したキャリア展開希望の方は、8.0%と非常に低い結果となっている。

ミドルクラスのWeb広告運用人材のキャリア志向性の調査結果2

 また全体でも広告運用領域に特化したスペシャリストのキャリアを志向する人の割合は低く、ジュニアクラスも次のキャリアとしては、広告運用以外のマーケティング領域でのキャリアを志望、もしくは、現状に満足していることがわかる。

いずれの役職でも「転職サイト」が大きいことから競合が多く、Web広告運用人材に対して積極的なアプローチをするとなると「転職エージェント」が有効。

ミドルクラスのWeb広告運用人材が行ってきた転職活動の調査結果

ミドルクラスのWeb広告運用人材が行ってきた転職活動の調査結果2

 全体としては「転職サイト」、「転職エージェント」の順で多く活用されている結果になった。

 いずれの役職でも「転職サイト」が大きいことから競合が多く、Web広告運用人材に対して積極的なアプローチをするとなると「転職エージェント」が有効そうだ。

 その他、「知人・友人からの紹介」や「企業のキャリアサイト」の割合も一定あるものの、企業側からすると自社を認知してもらっていないと採用するのは厳しいと言える。

 また、ミドルクラスのWeb広告運用人材を採用するには、Q2の結果(ミドルクラスの年収平均「400〜600万円」)を踏まえると、年収で「601万円〜」を見積もって報酬設計しないと、求職者にとって魅力的ではない求人になる可能性が高そうだ。

 また、転職エージェントを活用した採用になると社会保険料や設備費も加味して初年度で1,000万円を超えてくるため、ジュニア・ミドルクラスのWeb広告運用人材を採用するには大きなハードルがあると言えます。

 今回の調査を踏まえ、Web広告運用人材の年収の傾向がわかったが、キャリア志向性・転職活動状況を踏まえると、Web広告運用人材を採用するには大きなハードルがあることがわかった。

 Web広告運用を内製化したい広告主や即戦力人材を確保したい広告代理店にとって、十分な採用予算を確保できるかどうかが大きな鍵となりそうだ。

調査概要

  • 調査機関 株式会社キャスター(調査委託先)
  • 調査方法 インターネットリサーチ
  • 調査時期 2023年5月16日 ~ 2023年5月29日
  • 調査対象 [居住地]全国、[年齢]23歳以上60歳以下、[性別]男女、[職業]会社員(正社員)、[職種]マーケティング職、広告・販促職、人事・採用職
  • 有効回答数 301名

広告運用自動化ツール「Shirofune」(https://shirofune.com)について

 Shirofuneは「1日10分でプロ品質の広告運用」を実現する、広告運用自動化ツール。

 広告運用が未経験の方でも、簡単操作で広告の出稿から最適化まで、ワンストップで実現できる。

 運用に関わる各種業務を自動化することで、広告業務に関わる生産性を大幅な改善を実現する。

 現在13,000を超えるアカウントがShirofuneを通じて運用が自動化されており、上場企業から成長企業の広告主様の自社運用の支援をはじめ、大手広告代理店様の社内運用業務の基幹システムとしての採用など、幅広く活用されている。

 広告運用のプロのサポートメンバーが、ツールを活用した広告運用の内製化支援を提供しており、生産性高く、かつ再現性が高い運用体制の構築支援も行っている。

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料