無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

BtoCマーケティングに効果的な施策1位は「オウンドメディア」 BtoBでは「SNSマーケ」が1位【ナイル調査】

 DX&マーケティング事業を展開するナイル株式会社は、マーケティング担当者513名を対象に、マーケティングにおける課題調査を実施した。

調査結果の概要

  • BtoCでは約9割がマーケティングに課題があると回答(BtoBの約1.2倍)
  • マーケティング課題比較、BtoC1位「顧客理解(51.5%)」BtoB1位は「競合分析(48.3%)」
  • 課題解決するために必要なものに差、BtoCは「時間」「人手」、BtoBは「予算」が必要と回答
  • 最も効果を感じている施策BtoC1位「オウンドメディア(44.2%)」、BtoB1位「SNSマーケティング(41.5%)」

https://www.seohacks.net/blog/20045/

調査概要

  • 調査期間:2023年8月21日~25日
  • 調査方法:インターネット調査(Fastask利用)
  • 調査対象:マーケティング担当者513名
    (一般消費者を対象にした事業やサービス(BtoC)のマーケティング担当者:267名、
  • 法人を対象にした事業やサービス(BtoB)のマーケティング担当者:246名)

BtoCでは約9割がマーケティングに課題があると回答(※BtoBの約1.2倍)

マーケティングにおける課題調査の結果

 全体の約8割が、マーケティングにおける課題を持っていると回答した。

 BtoCでは88.8%、BtoBでは76.5%が課題をもっており、BtoCはBtoBに比べ約1.2倍多い数字となっている。

マーケティング課題比較、BtoC1位「顧客理解(51.5%)」BtoB1位は「競合分析(48.3%)」

 マーケティングの課題をBtoCとBtoBで比較したところ、BtoCでは「顧客理解(51.5%)」と約5割が回答した。

 一方で、BtoBでは「競合分析(48.3%)」に最も課題を感じていることがわかった。

BtoCとBtoBマーケティングの課題比較

課題解決するために必要なものに差、BtoCは「時間」「人手」、BtoBは「予算」が必要と回答

 現在抱えているマーケティング課題は、何があれば解決できるか聞いたところ1位は「専門家のアドバイス、知見(56.8%)」だった。

マーケティング課題を解決するために必要なものの調査結果

 BtoCとBtoBでは2位以降に差があり、BtoCのマーケティング課題を解決するには「時間(42.4%)」、「人手(42.4%)」が同率2位であるのに対して、BtoBでは「予算(52.3%)」と回答する人が半数を超えていることがわかる。

最も効果を感じている施策BtoC1位「オウンドメディア(44.2%)」、BtoB1位「SNSマーケティング(41.5%)」

 効果を感じているマーケティング施策の1位は、BtoCでは「オウンドメディア(44.2%)」、BtoBでは「SNSマーケティング(41.5%)」だった。

効果を感じているマーケティング施策の調査結果

 1位には明確な差があったが、3位以降には差は見られなかった。

 効果が実感できる施策として、次に「動画マーケティング」「コンテンツマーケティング」「メールマーケティング」「SEO」が挙げられた。

ナイルのマーケティング相談室

 ナイルのマーケティング相談室では、マーケティングに役立つアンケート調査を今後も行っていくとしている。

 マーケティングに課題をお持ちの方は、以下のブログも参考にしていただける。

ナイルのDX&マーケティング事業について

  • SEO、Webコンサルティング
  • 記事制作、コンテンツマーケティング支援
  • Googleアナリティクス4(GA4)導入支援、分析~サイト改善、広告運用支援
  • 生成AI業務改革コンサルティング
  • デジタルマーケティング研修サービス 等

Webマーケティングのノウハウ無料発信中!

【関連リンク】

\無料登録受付中/