無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

会社員がリスキリングしたいITスキル1位はAI・機械学習 主婦の1位はCanva【ストリートアカデミー調査】

 教えたいと学びたいをつなぐまなびのマーケット「ストアカ」を運営するストリートアカデミー株式会社は、「リスキリングしたいITスキル」に関する調査を実施した。

 「ストアカ」では、世の中のさまざまなリスキリング領域への関心の高まりを受け、主に「IT・リスキリング」を中心にジャンルを拡充した。

 これにより、ストアカの講座・サービスのジャンル数は500を超えた。

調査サマリー

  1. 会社員がリスキリングしたいスキル第1位「AI・機械学習」、第2位「python」 学びたい理由は業務効率化でき、副業に活かせるから
  2. 主婦がリスキリングしたいスキル第1位「Canva」、第2位「Instagram」学びたい理由は学んでいて楽しいから
  3. シニアがリスキリングしたいスキル第1位「パソコンの使い方」、第2位「Instagram」学びたい理由はこれからの時代に汎用性のあるスキルを身につけたいから
  4. フリーランスがリスキリングしたいスキル第1位「Instagram」、第2位「Web制作・WordPress」学びたい理由は新しい仕事の獲得に繋がるから

※ストアカ調べ

調査背景

 ストアカでは、世の中の「まなび」に対する関心の動向を踏まえ、定期的に掲載ジャンルの拡充や見直しを実施している。

 今回のアップデートでは、昨今注目が集まる「リスキリング」ジャンルに特に着目し、ストアカ内でも需要の高まりを見せている項目を新ジャンルとして追加した。

 今回の追加ジャンルを検討する中で、ストアカの利用者に対して、IT系スキルのリスキリングに対する意識を把握するためのアンケート調査を実施した。

 調査では、会社員、主婦、シニア、フリーランスといった職種・属性ごとにリスキリングしたいスキルとその理由を探った。

調査概要

  • 調査期間:2023年8月9日(水)〜 8月15日(火)
  • 調査手法:WEBアンケート調査
  • 調査対象:ストアカを利用するユーザー
  • 有効回答者数:363人
  • 回答者の性別:女性262名(72.2%)、男性100名(27.5%)、その他1名(0.3%)
  • リスキングしたいスキルの回答選択肢:ストアカのIT・リスキリングジャンル(本文下部掲載)

調査結果

(1)会社員がリスキリングしたいスキル第1位「AI・機械学習」、第2位「python」学びたい理由は業務効率化でき、副業に活かせるから

 会社員にリスキリングしたいITスキルを尋ねた結果、第1位「AI・機械学習 (11.3%)」、第2位「Python(9%)」という結果になった。

 第1位の「AI・機械学習」を選択した理由として、「自動化を身につけて、業務効率化をしたい」「AIで置き換えることができる業務はお任せして、他の価値ある仕事に時間を使いたい」等、業務効率化に関する理由が挙げられた。

 第2位の「Python」を選んだ理由として、「非エンジニアでもプログラミングが出来た方が市場価値が上がりそうなので」「業務効率化と副業など幅広く活かせるから」という回答が挙げられた。

 会社員のリスキリングする際のスキルの選定基準としては、第1位「業務効率化に繋がるスキルであること(41.1%)」、第2位「副業に繋がるスキルであること(31.1%)」第3位「これからの時代に汎用性のあるスキルだということ(29.1%)」という結果になった。

 この結果より、会社員は今の仕事に役立てたり、副業を目的としたリスキリングへの関心が高いことが伺える。

会社員が今リスキリングしたいITスキルランキング

(2)主婦がリスキリングしたいスキル第1位「Canva」、第2位「Instagram」学びたい理由は学んでいて楽しいから

 主婦にリスキリングしたいITスキルを尋ねた結果、第1位「Canva(14.3%)」、第2位「Instagram(12.5%)」という結果になった。

 第1位の「Canva」を選択した理由として、「子どもの卒園アルバム制作の時に使用し、楽しい経験があったから」「仕事からプライベートまで幅広く応用できる可能性を感じるから」といった理由が挙げられた。

 第2位の「Instagram」を選ぶ理由として、「利用する過程自体が楽しみに感じるから」や「自宅教室の集客に活用してみたいから」といった理由が見受けられた。

 学びたいスキルの選定基準は、第1位「学んでいて楽しそうなスキルだと感じたため(39.3%)」、第2位「これからの時代に汎用性のあるスキルだと感じたため(26.8%)」、第3位「副業したいため(28.6%)」という結果になった。

 この結果より、主婦にとってのリスキリングは、楽しさと実用性の双方を兼ね備えた応用の広さを感じるCanvaやInstagramなど、クリエイティブなスキルに魅力を感じていることが伺える。

主婦が今リスキリングしたいITスキルランキング

(3)シニアがリスキリングしたいスキル第1位「パソコンの使い方」、第2位「Instagram」学びたい理由はこれからの時代に汎用性のあるスキルを身につけたいから

 シニア(60代以上)にリスキリングしたいITスキルを尋ねた結果、第1位「パソコンの使い方(12.2%)」、第2位「Instagram(9.5%)」という結果になりました。第1位の「パソコンの使い方」を選択した理由として、「どの仕事にも必要なため」「これからの時代に欠かせないため」といった理由が挙げられた。

 第2位の「Instagram」を選ぶ理由として、「趣味にも活かせるスキルだから」や「人と繋がれるスキルだから」といった理由が見受けられた。

 学びたいスキルの選定基準は、第1位「これからの時代に汎用性のあるスキルだと感じたため(29.7%)」、第2位「学んでいて楽しそうなスキルだと感じたため(24.3%)」、第3位「収入アップに繋がりそうだと感じたため(21.6%)」という結果になった。

 この結果より、シニア世代にとってのリスキリングは、学ぶこと自体の楽しさはもちろんのこと、人生100年時代を見据えて今後に生かせる実用的なスキルへの関心が高いことが伺える。

シニアが今リスキリングしたいITスキルランキング

(4)フリーランスがリスキリングしたいスキル第1位「Instagram」、第2位「Web制作・WordPress」 学びたい理由は新しい仕事の獲得に繋がるから

 フリーランスにリスキリングしたいITスキルを尋ねた結果、第1位「Instagram(9.7%)」、第2位「Web制作・WordPress(8.1%)」という結果になった。

 第1位の「Instagram」を選択した理由として、「自身の仕事に繋がるため」「自分の事業のアピールの場として活用したいから」といった理由が挙げられた。

 第2位の「Web制作・WordPress」を選ぶ理由として、「情報発信を行い、自社の集客に繋げたいから」や「自分でできるようになれば修正や変更もできて、集客や売り上げもあがると思うから」といった理由が見受けられた。

 学びたいスキルの選定基準は、第1位「業務効率化のため(41.1%)」が、第2位「収入アップに繋がりそうだと感じたため(37.9%)」、第3位「これからの時代に汎用性のあるスキルだと感じたため(29%)」という結果になった。

 この結果より、フリーランスにとってのリスキリングは、今の仕事を効率的にしたり、新しい仕事につなげて収入増加につなげたい意図が強いことが分かる。

フリーランスが今リスキリングしたいITスキルランキング

まとめ

 本調査を通して、おかれた立場によりリスキリングしたいスキルや選定基準は各々異なる志向を持っていることが見受けられた。

 会社員は「AI・機械学習」や「Python」などのITスキルに興味を持ち、業務効率化や副業の可能性に魅力を感じている。

 主婦は「Canva」や「Instagram」などのクリエイティブなスキルに関心を寄せ、学んでいて楽しいと感じることが重要視されている。

 シニア層は「パソコンの使い方」や「Instagram」など、これからの時代に適応できるスキルを身につけたいと考えている。

 一方、フリーランスは「Instagram」や「Web制作」など、新たなビジネスチャンスにつながるスキルを追求している。

 ストアカでは、リスキリングの多様なニーズに対応できるよう、学びのジャンルの拡充を通して、ひとりひとりが求めるスキルを習得できる環境整備に今後も努めていくとしている。

※ストアカ調べ

<参考>ストアカのIT・リスキリングジャンル一覧

ストアカのIT・リスキリングジャンル一覧

 職業別のITスキルのリスキリングに対する取り組み方や収入イメージに関する調査結果はこちら:https://note.com/street_academy/n/n0312a9fbdf30

サービス:「ストアカ」について 

https://www.street-academy.com/

 ストアカは、教えたいと学びたいをつなぐまなびのプラットフォーム。

 累計受講者数129万人、講座満足度97.5%でレビューも多数掲載。

 あらゆる方が安心して質の高いレッスンを受けられるサービス運営を目指している。

 学びたい方は、趣味やビジネススキルなど全480ジャンルから学びたいものを1回から気軽に学べる。

 教えたい方は、自分のスキルや経験を教えるレッスンやセミナーを自由に開設できる。

 オンラインで簡単にレッスンが開催できるZoom連携、月額課金、カスタマイズレッスンや時間制相談の受付など、多様な形の教えるを実現する機能を提供している。

【関連リンク】

\無料登録受付中/