取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

デジタルシフト、トレジャーデータの「Treasure Data CDP」を導入しデジタルマーケティング支援体制を強化

 日本全国の企業のデジタルシフトの実現を支援する株式会社デジタルシフトは、市場の草創期よりCDP(カスタマーデータプラットフォーム)を提供しているトレジャーデータ株式会社が提供する「Treasure Data CDP」の導入および、導入企業の顧客一人ひとりに向けたマーケティングコミュニケーションを可能にするための支援体制の強化を発表した。

 デジタルシフト社では、これまで多くの企業様へのCDP導入を推進し、顧客データを統合し、部署間で連携したデータ分析やマーケティングコミュニケーションの設計などのデジタルマーケティング支援を行ってきた。

 同社はトレジャーデータ社が提供する公式パートナープログラム「Treasure Data Partner Certification Program」で「BRONZE」認定を受けており、今後2年間でCDP関連サービスの提供体制を50名ほどまで拡充していくことを計画している。

 デジタルマーケティング支援体制の強化によるCDP導入事例を以下に紹介する。

 株式会社オンワードホールディングスの子会社である株式会社オンワードパーソナルスタイルにおいて、「Treasure Data CDP」の導入支援と部署間で連携したマーケティングコミュニケーションの設計・構築を行った。

 個人情報の匿名性を担保した上で顧客データを統合し、顧客とWeb、店舗、アプリなど、どのコンタクトポイントでも顧客に合わせたコミュニケーションを行えるような仕組みの設計・構築をした。

 これにより、顧客との長期的な関係構築を目的としたマーケティングコミュニケーションが可能となる。

【関連リンク】

【関連記事】