第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

【ローカル検索広告とは?】Googleマップから実店舗へ集客する方法

公開日:2020年2月18日/更新日:2022年1月4日

スマートフォンの普及に伴い、気になるお店についてスマホを使って情報収集するユーザーが増えています。そんなユーザーに向けて、店舗への来店を促進することを目的とした広告を出稿できることをご存じでしょうか。

Google広告には、Web広告でありながらも実店舗への来店を誘導でき、かつ来店をコンバージョンとして計測までできる仕組みが用意されています。今回は、来店を目的とした「ローカル検索広告」について解説していきます。店舗ビジネスを運営している方必見ですので、ぜひご一読ください。

ローカル検索広告とは

ローカル検索広告とは


ローカル検索広告とは、Google広告に用意されている広告メニューのひとつで、店舗型ビジネスに特化した機能を持っています。ローカル”検索広告”という名前の通り、検索(リスティング)広告のひとつでもあります。
ユーザーの位置情報(GPS)と店舗の住所や電話番号などの情報を紐づけて、自社の店舗の周辺でインターネットを利用していたり、自社の店舗の周辺地域について調べていたりするユーザーに対して表示されます。

リスティング広告との違い

リスティング広告とローカル検索広告は掲載される場所が異なります。どちらも検索キーワードに紐づいて表示される点は同じですが、ローカル検索広告は検索結果だけでなく、Googleマップにも掲載されます。

Googleマップで店舗情報を検索することは、もはや当たり前になっています。「地名+居酒屋」など、地名を絡めた検索キーワードで、検索結果にGoogleマップが掲載されることも増えています。こうしたユーザー行動にアプローチできるローカル検索広告は、実店舗なら必須といえる広告施策です。

リスティング広告について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

▶ リスティング広告を外注するメリットと注意点

MEOとの違い

MEOは「Map Engine Optimization」の頭文字を取った言葉で、マップエンジン最適化やローカルSEOとも呼ばれています。Googleマップを中心とした地図アプリや検索結果で、店舗や企業の情報を上位表示させる施策の名称です。

ローカル検索広告は、MEOと同様にマップと検索結果に自社の情報を上位表示させる広告です。MEOと違い、広告を出稿すれば確実に上位に表示させられるため、効率的に多くのユーザーにアプローチできます。ローカル検索広告とMEOを並行して実施し、継続的な集客を狙っていくのがおすすめです。

MEOについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

▶ 【MEO対策】上位化のポイントやメリットを一挙紹介

ローカル検索広告の掲載費用

ローカル検索広告は上限の金額を設定し予算内でクリックを集めていく、クリック課金方式です。

  • 電話
  • ルート検索
  • 広告
  • Webサイト

これらをクリックすることにより、広告費が発生します。

競合の状況により異なりますが、クリック単価は安ければ50円程度とされています。ただキーワードによってはクリック単価が1,000円程度になる場合もあるため、注意が必要です。

ローカル検索広告のメリット

ローカル検索広告を利用することでどのようなメリットが得られるのでしょうか。ローカル検索広告のメリットは、大きく3つ挙げられます。

ローカル検索広告のメリット1:即効性がある

ローカル検索結果の上位に表示されるためには、MEO対策かローカル検索広告の出稿が必要です。
MEO対策はSEO対策よりも競合が少なく、効果が表れるまでの時間は短いとされていますが、広告の即効性には敵いません。

ローカル検索広告を出稿し、上位に掲載されることで、集客効果が表れるまでの時間が短縮されます。すぐに効果を実感できる点がローカル検索広告のメリットです。

ローカル検索広告のメリット2:確度の高いユーザーにアプローチできる

ローカル検索広告は位置情報に基づいて広告が掲載されます。店舗の近くにいるユーザーに対してアピールができるだけでなく、店舗が複数ある場合は、最もユーザーに近い場所にある店舗の住所を表示することも可能です。

具体的にはユーザーがGoogleマップで検索したときに、自社の店舗の情報とマッチしていれば、検索候補の一番上に自動的に広告が掲載され、マップ上にもピンが掲載される仕組みです。視認性が高く、ユーザーに興味を持ってもらいやすいため、近くで店舗の情報を収集している確度の高いユーザーを来店に繋げられるのがメリットです。

ローカル検索広告のメリット3:効果計測の精度が高い

ローカル検索広告を使うと、ウェブサイトへの訪問だけでなく、実店舗への来店や、店舗への電話、Googleマップでのルート案内など、オフライン・オンラインの様々なユーザー行動をコンバージョンとして計測できます。
オフラインコンバージョンの計測は、通常であればオフライン上で記録されたデータをGoogleにアップロードする必要がありますが、ローカル検索広告はすべて自動で計測されるため、その必要はありません。実店舗への来店も、ユーザーと店舗の位置情報を元に計測してくれます。

店舗の集客をWeb広告で行うという仕組み上、効果計測が難しいと思ってしまいがちですが、その点も補ってくれるのがローカル検索広告の大きなメリットのひとつです。

ただし、実店舗への来店コンバージョンはすべての広告主が利用できるわけではないため、Google広告ヘルプをチェックして条件を満たしているか確認する必要があります。条件をクリアできるように、Googleビジネスプロフィールでオーナー認証を行い、広告アカウントとの連携を済ませておくことをおすすめします。

Grabでは…

Grabではローカル広告の設定方法やどのように効果計測を行うのか、実践的なローカル広告の活用について解説しています。店舗ビジネスを営む方、店舗への来店を促進したい方必見の記事ですので、ぜひご一読ください。

続きはこちら

関連記事

▶ 【MEO対策】上位化のポイントやメリットを一挙紹介

▶ 「Google Maps Platform」登場!その特徴と確認すべきことについて

▶ 【広告運用のKPI】Web広告運用目標の考え方

【関連記事】

MMD

MMD-banner