データ品質への投資がマーケティングとセールス向上

米国B2B企業の94%がデータ品質への投資によりセールスとマーケティングが向上すると考えている

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

データと分析により、マーケティング担当者は顧客や見込み客をターゲットにすることが容易になりましたが、新しい調査によると、B2B企業は依然としてこの情報を手元で活用することに専念していることが明らかになりました。

Dun and Bradstreetは最近、「7th Annual B2B Marketing Data Report」を発表し、データ品質への投資を増やしたB2B企業の100%が全体的なパフォーマンスの向上を示しました。また、約94%の企業が、営業やマーケティングのパフォーマンスも向上したと報告しています。

データ投資によるセールスとマーケティングの向上

データ品質への投資を減らした企業のうち、100%がセールスやマーケティングのパフォーマンスに改善が見られず、75%が実際に減少したと回答しています。

今年は、B2B企業の18%がデータとアナリティクスへの投資を増加させると予想しています。約75%が何らかの点で増加すると予測しており、投資が減少すると予測しているのはわずか1%でした。

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事