Google Chrome、2019年12月より混合コンテンツをブロック

混合コンテンツのブロック

Googleは、Chromeブラウザが2019年12月から混合コンテンツのウェブページをブロックするようになると発表した。

発行元は、Webサイトをチェックして、セキュアでないHTTPプロトコルを使用してロードされているリソースがないことを確認する必要があります。

混合コンテンツ(英:Mixed Contents)とは

混合コンテンツとは、セキュリティで保護されたWebページ(HTTPS経由でロード)に、セキュリティで保護されていないHTTPプロトコルを介して提供されるスクリプト、スタイル、イメージ、またはその他のリンクされたコンテンツも含まれる場合です。これを混合コンテンツと呼ぶ。

コンテンツの混合は、Webサイトだけでなくサイトのビジターにもセキュリティ上のリスクをもたらします。

混合コンテンツに関するGoogleの開発者ページによると:

「コンテンツが混合すると、HTTPSサイトのセキュリティとユーザー体験が低下します。

…。これらのリソースを使用することで、攻撃者は多くの場合、侵害されたリソースだけでなく、ページを完全に制御できます。」

Google Chromeの混合コンテンツの扱い方

現在Googleは、コンテンツが混合するページをロードしている。2019年12月にChrome79がリリースされて以降、Googleは次の二つのことを行います。

  1. httpsにリソースが存在する場合、Googleは自動的にhttpコンテンツをhttpsにアップグレードする。
  2. Googleは、Chromeユーザーが、Chromeがブロックしているセキュアでないリソースのブロックを解除するために使用できる切り替えを導入する。

これは完全なブロックではないが、セキュリティ警告を表示するサイトからユーザーがオプトアウトする可能性があるためかもしれません。

これはWebサイトの運営者にとっては都合の悪い状態で、売上、訪問者、広告ビューの減少につながるかもしれません。Googleは2020年1月からブロック解除オプションを削除し、混合コンテンツのウェブページのブロックを開始します。

混合コンテンツの有無をチェックする方法

JitBit SSLチェッカー
JitBit SSL Checkerは、サイトの最大400ページをスキャンする無料のオンラインスキャナーです。

WordPressプラグイン

Really Simple SSL

Really Simple SSLは、SSLへの移行を処理し、混合コンテンツをチェックおよび修正できる軽量のプラグインです。

WordPressサイトが既にSSLに移行されている場合は、SSL Insecure Content Fixer WordPressプラグインを使用してサイトをスキャンし、安全でないリソースを警告して修正を支援できます。

Screaming Frog Crawl Software

Screaming Frogは手頃な価格のクロールソフトウェアです。これは、大規模なサイトをクロールするのに適したオプションです。クローラーの使用方法を学習するための短い学習曲線があり、非常に直感的です。 Screaming Frogは混合コンテンツを検出しますが、修正はしません。

Googleの公式発表はこちらをご覧ください。

参考:Google Chrome Will Block Mixed Content


MARKETIMES編集部

MARKETIMES編集部

MARKETIMESを運営する編集部。国内や海外のデジタルマーケティング情報を中心にノウハウや事例、調査データなど幅広くご紹介しています。

関連記事

  1. ChromeでGoogleアカウントでのクレジットカード支払いが可能に

    ChromeでGoogleアカウントに保存されているクレジットカードで支払いが可能に

  2. SEOのコンテンツの重要性

    価値あるコンテンツとは?短期的なSEO対策よりもコンテンツの質が重要な理由

  3. Androidの音声検索がGoogle Assistantへ移行

    Google、Androidデバイスでの音声検索をGoogle Assistantに置き換える

  4. Rankguru SEO

    Macに対応している検索順位チェックアプリ「RankGuru SEO」の設定と使い方

  5. 検索エンジンの改善

    Googleは昨年、検索に3200の改善を実施

  6. WordPressのSEOに強い人気国産テーマ「Emanon Pro」の使い方

  7. Googleモバイル検索結果表示内容の画像サムネイル使用増加の記事にアイキャッチ画像

    Googleがモバイル検索結果のスニペットで画像サムネイルを積極的に使用

  8. リッチリザルトの適格性を確保するにはデータ構造の要件を満たす必要がある

    Google社「検索エンジンのリッチリザルト適格性を確実なものするために、Googleの構造化データ要件に従いましょう」

  9. Googleの自然検索流入が減少する一方でDuckDuckGoが増加

    Googleの自然検索流入が昨年より減少し、一方で検索エンジン「DuckDuckGo」の流入が大幅増加

marketimes_member_banner



ニュースレター登録

最新記事

  1. amazon-search-ad
  2. ソーシャルメディア広告費が印刷広告費を初めて上回る
  3. デジタルが旅行マーケティング与える影響
  4. マーケティングとブランディングのち外

今週の人気記事

  1. CDPのアイキャッチ
  2. iOS13、ダークモード、そしてAppleの新しいiPhone:Eメールマーケターが知っておくべきこと
  3. H1は有用だが重要ではない
  4. 混合コンテンツのブロック




PAGE TOP