デジタル広告支出の70%がGoogle、Facebook,Amazon

デジタル広告支出の70%近くがGoogle、Facebook、Amazon

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

しかし、eMarketer社はAmazonのeコマース市場におけるデジタル広告シェアの予測を50%近くから38%に下方修正しました。

eMarketer社によると、Google、Facebook、Amazonが米国のデジタル広告プラットフォームのトップ3であり、合計して全デジタル広告費の70%弱を占めているといいます。

これら三社はデジタル広告費の68.1%を顧客から集めているとeMarketer社は予測しています。Amazonがeコマース市場におけるデジタル広告の38%を占めていると発表しています。しかし、この数字は前年の約50%から大幅に下方修正されています。また、Facebookに関してはがソーシャル広告支出の83%を占めているとも発表しています。

Source: eMarketer estimates (2019)

出典: eMarketer estimates (2019)

 

Google、Facebook、Amazonに費やした年間広告予算

Google, Facebook, Amazonへの年間広告予算割合米司法省と米連邦取引委員会がGoogle、Facebook、Amazon(およびApple)に対して新たな独占禁止法調査を開始するなか、これらの企業が米国のデジタル経済をどの程度支配しているか、あるいは支配していると思われるかについては、今後12~18カ月の間に激しい議論が交わされるでしょう。

Factual and Lawlessの調査では、マーケターの約65%が、いわゆる「寡占政治」に代わるものを望んでいることも明らかになっています。

参考

Almost 70% of digital ad spending going to Google, Facebook, Amazon, says analyst firm

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事