データマスキング市場、2027年に11億2,150万米ドル規模到達

global data masking market by value

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「データマスキングの世界市場:展開別・タイプ別・事業機能別(財務、人事、法務、マーケティングおよび販売、オペレーション、その他)・エンドユーザー別・地域別動向分析、競合市場シェア、予測(2017年~2027年)」(Blueweave Consulting & Research Private Limited)の販売を11月19日より開始した。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/blw1028668-global-data-masking-market-by-deployment-by-type.html

市場の概要

データマスキング市場は、2020年に4億6,340万米ドル規模に達した。市場は予測期間中13.6%のCAGRで成長し、2027年には11億2,150万米ドル規模に達すると予測されている。
サイバー脅威に対応してITインフラの普及が進み、内部および外部の暴露からデータを保護する必要性が高まっていることが、世界のデータマスキング市場の成長を促す大きな要因となっている。さらに、生産データからインサイトを抽出する需要の高まりも、クラウドベースのアプリケーションや消費者向けアプリケーションの採用を増やすことで、世界のデータマスキング市場の成長に影響を与えている。さらに、世界各地でプライバシーやセキュリティに対する懸念が高まっていることや、データ分析の普及率が高まっていることも、世界のデータマスキング市場の健全な成長を後押ししている。

global data masking market by value

データマスキングとは、元のデータの機密性や重要性を、改竄されたデータで保護・隠蔽することだ。この方法では、ユーザーのソフトウェアのテストやトレーニングのために、構造的に同一の認証されていないデータを作成することになる。データマスキングの最終的な目的は、代替物を提供することで実際のデータを保護することだ。

データマスキング市場は、ビジネス量やデータ量の増加、ビジネス基準の強化などにより、世界的に成長している。さらに、データマスキング市場は、主に生産データから抽出されたインサイトに対する需要の増加によって牽引されている。

市場の成長要因:プライバシーとセキュリティに関する厳格な政府規制の実施

規制当局からのデータ漏洩防止、データ難読化の低減、データプライバシー、サイバーハッキングに関する要求の高まりが、世界のデータマスキング市場の成長をもたらしている。

外部の脅威からデータを安全に保つために、世界各国はデータのプライバシーと保護を優先している。欺瞞的な行為から消費者を保護するための強制措置として、米国のFTC(連邦取引委員会)は2019年9月に様々な強制措置を発表した。

その結果、米国人のプライバシーを保護するために、連邦規制や国のデータ保護政策が実施されているのが現状だ。同様に、インド政府は2018年7月に、プライバシーの権利を明記した法律を成立させた。個人データ保護法案はすぐに発効した。同様に、中国政府も中国国内のデータセキュリティを高めるために様々な法律や規制を実施している。

市場の制約要因:データ統合の複雑さと知識の不足

さまざまな種類のデータやデータフォーマットが含まれるため、データマスクの使用は容易ではない。このことが、世界のデータマスキング市場の大きな阻害要因となっている。不正や危険にさらされやすい特定の種類のデータに関する問題は、市場の抑制要因となる可能性が高い。さらに、データマスキングのプライバシーやセキュリティ上の利点に関する認識が低いことが、その採用率に大きく影響している。データセキュリティやクラウドコンピューティングに関する知識や理解が不足していることが、世界のデータマスキング市場の成長をさらに制限している。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルのお申し込みはこちら
https://www.gii.co.jp/report/blw1028668-global-data-masking-market-by-deployment-by-type.html

【プレスリリース】

【関連記事】