フロムスクラッチ「b→dash」、アプリ開発プラットフォーム「Yappli」と連携開始

フロムスクラッチ「b→dash」、アプリ開発プラットフォーム「Yappli」と連携開始

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

株式会社フロムスクラッチが開発・提供しているデータマーケティングプラットフォーム「b→dash(ビーダッシュ)」は、株式会社ヤプリが提供するアプリ開発・運用・分析をノーコードで提供するアプリプラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」と連携を開始した。

本連携により、同社はさらなるユーザーエクスペリエンスの向上を実現していく。

昨今、消費者と企業の接点となるチャネルの多様化やデジタル化によって、消費者の行動様式が大幅に変化したことに伴い、消費者がアプリ上で行動を完結するケースが増えている。

アプリ上でのマーケティングニーズが高まっている中で、これまではお客様自身が開発したアプリ上で、「b→dash」内の顧客データをもとにセグメントを切り、「b→dash」のプッシュ通知機能を通じてアプリ上でのコミュニケーションを実現してきた。

そして今回、デジタルシフトが叫ばれる市場のニーズに答えるべく、アプリ市場において圧倒的なシェアを誇る「Yappli」と連携することで、「b→dash」のアプリ関連機能のさらなる強化を実現する。

本連携により、「Yappli」で作成したアプリ上でも、b→dashで作成した顧客セグメントに合わせたプッシュ通知を配信することが可能となった。

具体的には、「b→dash」内の統合データを活用し、「Yappli」へ、配信リスト(誰に)と配信トリガー(どのタイミングで)を連携することで、アプリ内でトリガーが引かれたタイミングで、プッシュ通知を表示させることが可能になるという。

フロムスクラッチ「b→dash」、アプリ開発プラットフォーム「Yappli」と連携図ECとアプリで自社商品を販売するアパレル企業であれば、b→dash内に蓄積されている顧客の購買履歴、Webサイト上の行動データ、年齢や居住地といった顧客の属性データをもとに細やかなセグメントを切って、パーソナライズされたプッシュ通知を配信することが可能。

メールやSMSを送ったが開封していないユーザーにプッシュ通知を行う、というようなクロスチャネルのシナリオ設計も可能。

同社は、「b→dash」と「Yappli」の連携によって、アプリ上で顧客一人ひとりのニーズに合わせたきめ細やかなアプローチを行えるようになり、さらなるカスタマーエクスペリエンスの向上、及び、幅広いアプリ活用のニーズに応えていくとしている。

【プレスリリース】

【関連記事】

同じカテゴリーの記事