価値あるコンテンツとは?短期的なSEO対策よりも重要な理由

価値あるコンテンツとは?のアイキャッチ画像

多くのマーケターやウェブ担当者は、自社のウェブサイトやブログにより多くのトラフィックを発生させ、より多くの見込み客の獲得を行うため、日々試行錯誤していると思います。

その対策の一つに、「キーワード戦略」や「被リンク」などのSEO対策を思いつく方も多いことでしょう。また、SEO対策を最重要ウェブ施作として捉えていた方も多いと思います。

10年程前からウェブへ気軽にコンテンツを更新することが可能になり、SEO対策のガイドラインを逆手に取る「ブラックハット」と言われる短期的なメリットしかなく、検索者に対して優しくない「ダメな」SEO対策が流行しました。

その都度、Googleはパンダ、ペンギン、ハミングバードなどの検索エンジンアルゴリズムの更新を行い「ブラックハット」SEO対策を施したウェブサイトの駆逐作業を行ってきました。

先日のMarkeTimesの記事”SEOは死んでいない、ただいろいろな姿に変化するだけ”お伝えしたように、伝統的なSEO対策は形を変えました。

より自然な形で検索結果を提供すること、つまりコンテンツ(情報)を提供することが、何よりも効果的検索者のためになり、結果として効果的なSEO対策となります。

本記事では、なぜ有益で価値のあるコンテンツが従来のSEO対策よりも重要になったのか、と言うことをお伝えします。


この記事が気に入ったら
シェア・ブックマークしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

Shohei Toguri

HubSpot Japanのマーケティングマネージャー。ローカリゼーションやマーケティングストラテジーなども担当。趣味で国外のマーケティングイベント、スポーツイベント、ボランティアなどに参加している。LinkedInは こちら。Twitterはこちら@ShoheiToguri