クオン、漫画×SNSでNo.1のwwwaapと経営統合 新社名は「株式会社Minto(ミント)」

Minto

株式会社クオンは、アニメ・漫画クリエイターを活用したSNSマーケティング事業を展開する株式会社wwwaapと、経営統合することをお知らせする。2021年12月に経営統合が完了予定で、経営統合後の新社名は株式会社Minto(ミント)となる。

Minto

キャラクタースタンプのダウンロード世界No.1の実績を持ち、アジア市場でIPライセンスを拡大している当社と、漫画・アニメを活用したSNSマーケティングでNo.1の実績を持つwwwaapが統合することで、日本の漫画・アニメ・キャラクリエイターの活躍機会を増やし、国境を超え世界にその才能を届ける事業を行っていく。

 経営統合および株式会社Minto設立の背景

YouTubeをはじめとしたプラットフォームの勃興に合わせ、個人クリエイターの影響力が増しており、米国では「クリエイターエコノミー」(※1)が注目されている。2021年の市場規模は1042億ドルといわれ、また関連起業の調達額は年々増加している本市場(※2)だが、日本ではまだ黎明期でありつつ今後成長が期待されている。

(※1)クリエイターが展開するビジネスやそれを支援する企業・ツール、そしてこれらが形成している経済圏

クリエイターエコノミー

(※2)出所: CBINSIGHTS

また、米国のクリエイターエコノミーの発展と比較して、日本のクリエイターエコノミーでは、漫画・アニメ・キャラクター等のコンテンツを生み出すクリエイターの収益化・発信力の進化が期待されている。
上述の環境下において、キャラクターの創出と海外プロデュースに強み持つ当社と、アニメ・漫画クリエイターのネットワークを保有するwwwaapがシナジーを発揮し共に事業を行うことで、日本独自のクリエイターの活躍機会を創出し続けたいという想いから、この度の経営統合が実現した。

株式会社Minto 今後の展開

以下、3つの軸でクリエイターの才能を拡張する事業を展開する。

①クリエイターの活動領域を広げる、テクノロジー活用
「ブロックチェーン」「NFT」領域でクリエイター向けプロダクトの提供やコンテンツビジネスを推進していく。

②コンテンツ(IP)を世界へ届ける、グローバル展開
世界のプラットフォーマーと連携し、クリエイターと共創して、Webtoon等のコンテンツを展開する。また、中国及びアジア圏でのIPグッズ・ライセンスビジネス事業を拡大していく。

③創作活動を続ける上で最大の課題=マネタイズ支援
SNS上でのブランド広告コンテンツ化の事業を推進していく。クリエイターの収益化を支援し、創作活動の基盤作りに貢献する。

▼経営統合の経緯や展望については、こちら
https://note.com/quan_official/n/nffd69f391e6d

役員コメント

代表取締役 水野和寛 (当社代表取締役)

代表取締役 水野和寛

株式会社寺島情報企画にてモバイルコンテンツ事業を立ち上げ様々なサイトをプロデュース。中でもデコメサイトは月額有料会員日本一になり、絵文字、デコメブームを牽引。その後、スマホアプリ事業を立ち上げ株式会社テクノードを設立。同社の代表取締役兼プロデューサーとして、ヒットアプリを多数生み出す。2011年に式会社クオンを設立。インターネット発のキャラクター事業を展開し、スタンプのダウンロード数世界一を記録。2018年からブロックチェーン/NFT領域で、2021年よりWebtoon領域で事業を開始。

同じクリエイティブ・コンテンツ領域で切磋琢磨する仲間だったwwwaap社と経営統合して、新しい未来を創っていけると思うと本当にワクワクします。日本やアジアのクリエイターが世界中に羽ばたいていく道筋を創っていきたいと思います。

取締役 中川元太(wwwaap代表取締役)

取締役 中川元太

2010年に株式会社セプテーニに新卒入社。札幌営業所長を経て、2013年より漫画アプリ「GANMA!」の運営会社に転籍。創業メンバーとして漫画編集チームとアプリマーケチーム等を立ち上げる。2016年に株式会社wwwaap(旧株式会社ザビエル)を設立。現在はソニー・ミュージックとの共同プロジェクト「ヨムオト」他、IPプロデュース等の新規事業を担当。

日本で最もグローバルに展開するコンテンツベンチャーであるクオン社のことは、ずっと尊敬し研究してきたからこそ、wwwaapとクオンが力を合わせれば、クリエイターが、よりわくわく出来る未来を創れると確信しています。これからはMintoを、末永くどうぞ宜しくお願い致します。

取締役 高橋伸幸(wwwaap代表取締役)

取締役 高橋伸幸

株式会社セプテーニにて大手クライアント開拓を行うセールスマネージャーを担当。SNS広告の黎明期に多くの実績を残し、同社の競合優位性を創出することに貢献。その後、株式会社ディー・エヌ・エーにてメディア事業のセールス責任者、株式会社横浜DeNAベイスターズにて事業戦略チームのリーダーを歴任する。2018年に代表取締役COOとして株式会社wwwaapに参画。経営方針の決定、ビジネス開発、人事(採用・組織)、セールスチームのマネジメントを行い、事業成長を担う。

wwwaapは、ここ数年、クリエイターの持つ課題、顧客が持つ課題と真剣に向き合ってきましたが、自分達だけでは事業作りが難しいと感じる側面があり、多くのチャンスを前に断念してきた経験があります。しかし今回のクオン社との統合により、新しい事業の創出、組織としての大きなシナジーとモメンタムが創れると確信しています。チームMintoで「つくりたい人の未来を創る。」を実現していきたいと思います!

取締役(非常勤) ⼩川淳(当社取締役)

取締役(非常勤) ⼩川淳

(株)ネットエイジ⼊社後、モバイル広告専業の広告代理会社
として、(株)ngi mobile 代表取締役設⽴、(株)フラクタリ
スト(セントレックス上場会社) の代表取締役などを歴任。

クオン創業からのグローバルでの拡大、逆に難しさも間近で見てきてきました。今回のwwwaap社との経営統合によって広くマーケティング領域にアプローチできることを嬉しく思います。大きな事業シナジーが生まれ、Mintoが世界を代表する企業になれるように尽力します。

アドバイザーからのコメント

鳩山総合研究所 代表取締役 鳩山玲人氏

鳩山総合研究所 代表取締役 鳩山玲人氏

三菱商事に入社。エイベックスやローソン等でメディア・コンテンツビジネスに従事。ハーバードビジネススクールでMBAを取得後、サンリオにて、経営戦略・海外事業・映画・メディア・IT等新規事業を担当し、ハローキティのグローバル化に貢献したのち独立。現在はシリコンバレーにてVC投資やコンサルティングに従事。Zホールディングス、LINE、DeNA等の社外取締役を歴任。

日本のコンテンツIPがテクノロジーによるデジタルシフトによって世界への道がより開かれる時代が到来しています。キャラクター・アニメ・漫画の境界線がなくなってきている中、デジタル戦略やソーシャルマーケティングに加え、クリエイターコミュニティの創り方がコンテンツの広がり方に大きく差をつける時代。新しくできたMintoには、2社のノウハウを結集し、日本のクリエイターたちの世界への橋渡しを期待してます。

株式会社クオンについて

クオンは、キャラクターで人々を繋ぎ、 世界を幸せにする会社。
キャラクタースタンプDLの世界NO.1の実績を持ち、アジア市場でIPライセンスを拡大している (中国・タイ・ベトナムに支社)。直近では、2018年から手掛けているNFTプロジェクトがヒットし、Webtoon事業へも参入。

株式会社wwwaapについて

「つくりたい人の未来を創る。」をミッションとした、SNSで人気の漫画家・イラストレーターを中心とした「SNSクリエイター」のエージェント。SNSクリエイターの発信力と創作性を活用したマーケティング事業と、SNS発のキャラクター等IPの開発・運営をするライセンス事業を行っている。

【プレスリリース】

【関連記事】