【もう無理】Webマーケティングの仕事が辛い・辞めたい人のための解決策

Webマーケティングの仕事が辛い・辞めたい

本記事では、Webマーケティング関係の仕事をしている方で多い「Webマーケティングが辛い・辞めたい」という方向けに、その理由を改めて整理し、解決策を紹介していたいと思います。

もう無理!限界!と感じている方は、まず転職エージェントで、辛い状況から一歩進んでみましょう。

まず相談したい転職エージェントWebマーケティングの仕事が辛い・辞めたいと考えている方は、まず複数の転職エージェントを利用して、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

まずはここに無料相談!

【まず登録しておくべき転職エージェント・転職サイト】

  • リクルートエージェント:事業会社のWebマーケティング職からWeb業界の案件多数!実績No1の転職エージェント
  • マスメディアン:広告・Web業界、宣伝・広報の求人多数
  • レバテックキャリア:IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職エージェントサービス
  • プロの転職:マーケティング経験を活かした転職なら「マーケター特化型転職エージェントへ」

知らないと損!Webマーケティング転職に絶対おすすめの転職エージェント・転職サイト16選【16選】Webマーケティング転職に絶対おすすめの転職エージェント・転職サイトまとめ【未経験OKあり】

Webマーケティングの仕事が辛い・辞めたい理由

Webマーケティングの仕事が辛い・辞めたい理由

Webマーケティングの仕事が辛い・辞めたいと思っているならまずは理由を考えてみましょう。

Webマーケティングの仕事を辞めたい人は、大きく分けて、いくつかの種類に分かれます。数位を追いかけるのが辛いと感じている場合や給料が安いと感じる、または長時間労働なのでプライベートがないという人もいるでしょう。

転職をするにしても、まずは辞めたい理由を理解しなければ、成功しないことも多いです。

まずは、Webマーケティングという仕事自体が嫌なのか、会社が嫌なのかといったところから整理していくと良いでしょう。

数字を追いかけるのが辛い

数字を追いかけるのが辛い

Webマーケティングの仕事を辞めたい理由の中で多いのが数字を追いかけるのが辛いというものです。

Webマーケティングは、マーケティングの結果がすぐに数字として現れる業界です。そのため、常に数字と格闘していかなければなりません。

数字が好きでWebマーケティングの分野に入ってくる人もいますが、毎日数字を追いかけられることによって、疲れてしまうのです。また、数字に追いかけられると感じる理由には、Webマーケティングの分野の回転が非常に速いのも関係してきます。

マーケティングをするとすぐに結果が出ます。そして、その結果を検証して、修正することもあるでしょう。修正した結果も数字としてすぐに現れますので、常に数字に追いかけられているイメージです。

結果が出るまでにある程度の時間が必要ならばこういったイメージを抱くこともありませんが、Webマーケティングの分野ではスピード感が重要です。

さらに、新しい技術が常に入ってくる業界であるのも大きく関わっています。数字に追われているだけではなく、新しい技術の習得にも追われることになりますので、さまざまな角度から急かされている気分になってしまいます。

こうしたことを繰り返しているうちにやがて疲れ果ててしまうという人はいるでしょう。

長時間労働でプライベートの時間がなく辛い

長時間労働

Webマーケティングの仕事を辞めてしまう人を確認すると、忙しすぎるという理由で辞める人もいます。Webマーケティングは、基本的に長時間労働が多い業界で、プライベートな時間を犠牲にして働いている人も多くなっています。

さらに、時間に追われることも多い業界なので、余計にプライベートの時間が短く感じてしまうことでしょう。せっかくの休日であっても、マーケティングの結果が気になり、趣味やプライベートの集中できないという人も多いのです。

完全な仕事人間ならばそれほど気にならない部分ですが、プライベートと仕事を両立したいという人にとっては、そもそもWebマーケティングの分野はあまり向いていないのかもしれません。

平均年収を確認しても、決して収入が低すぎるというわけではありませんが、求められる技術や知識、仕事量を踏まえてみると、決して収入が高いという分野でもありません。

また、Webマーケティングの仕事の平均年収よりも高い収入を確保しようとすれば、必然的に仕事量も増えていきますので、余計にプライベートな時間がなくなってしまいます。

こうした性質を考えても、Webマーケティング業界はプライベートと仕事の両立が難しいと言えそうです。

また広告代理店やWebマーケティング系のコンサルティング会社は長時間労働になりがちですが、メーカー等の事業会社でのWebマーケティング職は、比較的早く帰れるケースが多いです。

現在、Webマーケティングの支援会社側で仕事をしている人は、事業会社でのWebマーケティング職を探してみましょう。

給料が低い

給料が低い

Webマーケティング業界は、平均年収だけ見れば、そこまで給料が低い分野ではありません。しかし、技術や知識、仕事量の対価としての給料を考えれば、そこまで高い給料でもないのです。

そのため、自分はそれなりの実力を持っているのに、なかなか給料が高くならないと悩んでいる人も多いです。また、入った会社によっても左右され、しっかりとキャリアアップを見据えていかなければ、一生低い給料のままで終わってしまうかもしれません。

外資系企業のWebマーケティングをやっているところは、一部に年収で1,000万円を狙えるような企業もありますが、限られた人しか働けませんし、国内企業以上にハードな競争や仕事が待っていることでしょう。

Webマーケティング職の年代別平均年収

出典:マケキャン by DMM.com / 年代別・年齢別 平均年収情報【最新版(2019年)】

Webマーケティングのスキルは独立しても十分に使えますので、独立を考える人もいるかもしれません。確かに、独立をしてWebマーケティングを使い、大金を稼ぎ出すような人もいます。

しかし、これまで企業に雇ってもらっていた安定性というアドバンテージを失うことになりますので、リスクの高い選択肢でもあるのです。企業の看板を背負っているからこそWebマーケティングに携わることができるという面もありますので、安定した仕事を得られるかはまったくわからないでしょう。

Webマーケティングの仕事は、一見すると華やかで給料も高いと見られがちですが、実際に業界に入ってみると、仕事量の割に給料が安いと感じる人も多いです。

そして、それがそのままWebマーケティングの仕事を辞めたい理由になってしまっています。

Webマーケティングの仕事が辛い・辞めたい人のための解決策

Webマーケティングの仕事が辛い・辞めたい人のための解決策

Webマーケティングの仕事が自分に合わないと感じている場合や辞めたいと感じているなら、まずはその理由を探ってみましょう。転職するにしても、業界そのものから去ってしまうのか、もしくは別のWebマーケティング企業に転職するかの選択肢に分かれるのです。

たとえば、現在勤めている会社の待遇が悪かった場合は、会社を変えれば改善される可能性があります。しかし、これには当然、会社に求められることに応えられる実力が必要になってくるでしょう。

逆に、忙しすぎてプライベートがない、給料が低いという理由の場合は、同じ業界にいては、なかなか改善されないかもしれません。Webマーケティングの業界自体が仕事の割に給料が低い業界ですし、多忙でプライベートがないWebマーケターは数多く存在します。

こうした状況を踏まえれば、まったく別の業界に転職するほうが向いていると言えるでしょう。同じ業界内で転職する場合は、より良い条件の会社を探して転職活動をすると良いでしょう。

下記記事では、Webマーケティング転職でおすすめの転職エージェント・転職サイトをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。まずは、自分に合いそうな転職エージェントを一つだけ登録してみてください。まずは一歩を踏み出しましょう。

知らないと損!Webマーケティング転職に絶対おすすめの転職エージェント・転職サイト16選【16選】Webマーケティング転職に絶対おすすめの転職エージェント・転職サイトまとめ【未経験OKあり】

逆にまったく違う業界に転職する場合は、Webマーケティングの仕事と親和性の高い業界に飛び込んでみるのも良いです。Webマーケティングの分野と親和性の高い仕事といえば、やはりWeb関連の仕事になるでしょう。

Webエンジニアに転職する人も多く、Webマーケティングをやっていたら、この商品をもっとこうすれば売れるようになると思うことも多々あるのではないでしょうか。

しかし、Webマーケティングはあくまでも完成された商品をどのように売るかを考えることが多いです。そのため、今度は商品が完成される過程に立ち会うことができるエンジニアの仕事に就いてみるのも良いでしょう。

さらに、Webエンジニアの仕事をマスターできれば、作るだけではなく、マーケティングも可能になり、より完成された人材になることができます。

また、Webエンジニアではなく、Webデザイナーになる方法もあり、こちらも作る側の立場に回ることができる選択肢です。自分が好きになれる素敵なコンテンツを完成させることができれば、マーケティングする側のモチベーション維持にもつながるでしょう。

また、マーケティングの仕事を柔軟にこなすことができていたならば、コンサルタントになる選択肢もあります。特定の課題に対してさまざまな検証をして、依頼者の希望を叶えるための仕事なので、マーケティングの分野と非常に近しい位置にあるのです。

Webマーケティングで培ったコミュニケーション能力もそのまま活用することができますので、親和性が高いと言えるでしょう。

Webマーケティングの仕事が辛い・辞めたいとう方の中には、実はWebマーケティングスキルが不足しているケースがあります。事業会社だと、体系的なWebマーケティングスキルを身につけることができないケースがあります。

最近では、Webマーケティングスキルを身につけることができるWebマーケティングスクールが多くあります。スキル不足だと感じる方は、一度Webマーケティングスクールについて詳しく調べてみるのもいいでしょう。

下記の記事では、国内で人気のWebマーケティングスクールを厳選しています。ぜひ参考にしてみてください。

Webマーケティングスクールおすすめ3選比較!未経験から転職できるスキルを習得!【2021年】Webマーケティングが学べるおすすめスクール・講座9選比較

まず相談したい転職エージェントWebマーケティングの仕事が辛い・辞めたいと考えている方は、まず複数の転職エージェントを利用して、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

まずはここに無料相談!

【まず登録しておくべき転職エージェント・転職サイト】

  • リクルートエージェント:事業会社のWebマーケティング職からWeb業界の案件多数!実績No1の転職エージェント
  • マスメディアン:広告・Web業界、宣伝・広報の求人多数
  • レバテックキャリア:IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職エージェントサービス
  • プロの転職:マーケティング経験を活かした転職なら「マーケター特化型転職エージェントへ」