• HOME
  • CATEGORY
  • 解説・コラム
  • Twitter、「Promoted Trend Spotlight」 をローンチ― 「Expore」 タブの上部にテイクオーバー広告の新ユニット

Twitter、「Promoted Trend Spotlight」 をローンチ― 「Expore」 タブの上部にテイクオーバー広告の新ユニット

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

この広告は、Explore」タブの上部に表示される。

Twitterは米国時間16日に「Promoted Trend Spotlight」と呼ばれる新しい広告ユニットの開始を発表した。Twitter2018年に最初にテストを開始したこの形式により、広告主はTwitterの「Explore」タブの上部セクションで利用できます。

表示例は次のとおり。

Promoted Trend Spotlight」広告の仕組み

Promoted Trend Spotlight」は、ツイッターの「Promoted Trend」広告(ツイッターのトレンドリストに24時間テイクオーバー広告として表示されます)と同様に、6秒間の動画とGIF、静止画像をサポートする。

これらの広告は、ユーザーごと、1日あたりの最初の2回のアクセスについて、「Explore」タブの上部に表示される。広告が2回表示されると、プレースメントは標準の「プロモーショントレンド」プレースメントに移動し、オーガニックの編集コンテンツがSpotlightプレースメントにプッシュバックされます。

広告主は、1日を通してクリエイティブを切り替えることにより、メッセージングをさらに最適化できる。この広告はモバイルとデスクトップの両方に最適化されている。

現在、「Promoted Trend Spotlight」広告は、米国、英国、および日本のすべての広告主が利用できます。  Twitterは、オーストラリア、ブラジル、カナダ、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、メキシコ、サウジアラビア、韓国、スペイン、タイなど、今後数か月で12の追加市場に展開する計画だと述べました。

注目すべき理由

市場調査会社EyeSeeの調査によると、「Promoted Trend Spotlight」広告は、広告の想起率が113%高く、ブランドへの対価も18%高く、将来ブランドを使用する可能性も67%上昇した。ユーザーがSpotlightの広告をクリックする確率は、通常の「Promoted Trend」広告の3倍だったとTwitterは報告している。

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事