Mailchimp、最新レポートでメール業界のシェアが60%以上と発表

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

Mailchimp2016年以来初めての年次レポートを発表し、メールプラットフォームからオールインワンのマーケティングプラットフォームへと移行した際の重要なマイルストーンをいくつか明らかにした。

同社はメール業界で60.51%のシェアを占め、1200万人以上の顧客をサポートしているという。最も近い競合企業はわずか9.52%である。

注目すべき理由

Mailchimpは、中小企業向けに構築された他の多くのメールプロバイダーと共に、昨年より多くのマーケティング機能をプラットフォームに追加しましたが、レポートは引き続きメールがプラットフォームの最も強力な機能であることを示している。 Eメールは死んでいるのではなく、進化しているということを示していると言ってもいいでしょう。

2019年にMailchimpから送信されたEメールの量(3400億超)は、チャネルとEメール市場全体の中でのMailchinpの強さを示しています。 感謝祭の週末のパフォーマンスに関する同社のレポートは、チャンネルがどれだけ強力かを証明しました。 プラットフォームから90億件近くのメールが送信され、45億ドルの注文が発生しました。

  • Mailchimpの顧客は、Mailchimpのレコメンドを使用して、321,538,039ドルを超える収益を生み出しました。
  • 同社はまた、Mailchimp Presentsと呼ばれる独自のコンテンツチャネルを立ち上げ、150万を超えるビューとダウンロードを生成しました。

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事