なぜスマートスピーカーは2億台売れてもマーケティングチャネルにならないのか?

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

Strategy Analytics社の最新データによると、スマートスピーカーの販売台数は2019年に世界で1億4700万台に達し、2018年比で70%増加したという。Amazonの市場シェアは2018年の33.7%から26.2%に低下し、Googleが20.3%と前年の26%から低下した。

Googleは2位、Appleは6位

Googleに続いて中国メーカーが3社、最後にAppleが6位でシェアは5%弱だった(4.7%)。プライバシーへの懸念が高まっているにもかかわらず、Strategy Analytics社によると、第4四半期のデバイス出荷台数は5570万台に達し、四半期としては過去最高だったという。Googleも第4四半期に出荷台数と売上高が回復した。

世界のスマートスピーカーシェアランキング

別のアナリスト企業Canalys社は今年、スマートスピーカー市場が2020年に全世界で1億5000万台に達すると予測しており、Consumer Intelligence Research Partners社は以前(8月に)、米国のスマートスピーカー市場の規模は8000万台弱だと推定していた。しかし、Edisonの調査によると、米国市場におけるスマートスピーカーの設置台数は1億6000万台近くに達しているという。

昨年末の時点で、世界で少なくとも2億台のスマートスピーカーとディスプレイが販売されたと言っても過言ではない。

米国のスマートスピーカー推移

出典: NPR and Edison Research (2020)

マーケティングチャネルとしてのスマートスピーカー

これだけの規模と成長を続ける基盤を持つ中で、謎となっているのは、スマートスピーカーやディスプレイがマーケティングチャネルとして発展していない。まだまだ「始まったばかり」という決まり文句を引き合いに出す人もいるかもしれないが、それで説明がつくわけではない。

AmazonがEchoを発表したのは2014年で、ほぼ6年前のことだ。2019年初め、同社は1億台以上のAlexa搭載デバイスが販売されたと発表した。Alexaのスキルは現在10万以上あるが、ヒット作はない。

スマートディスプレイとスマートスピーカーは、どちらも音声でコントロールするが、異なるデバイスである。タッチスクリーンを備えたスマートディスプレイには、タブレットにあるような検索やコマースのオプションがすべて用意されているが、市場規模はそこまで大きくない。販売台数の大半は、 「Echo Dot」 や 「Google Home Mini」 のような低価格製品で、ディスプレイは付いていない。

潜在的な収益化シナリオ

スクリーンのないデバイスだけを見ると、マーケティングと潜在的な収益化のシナリオがいくつかあるように見える。

  • 音声広告
  • 再注文
  • 予約

間接的な収益化に関しては、明らかにローカル検索のユースケースやその他の商用検索があり、オフラインでのコンバージョンを促進する可能性はある。そして、スマートフォンやPC上で検索を開始し、スマートスピーカ上の音声を介して検索を完了する、あるいはその逆を行う、様々なハイブリッドデバイスの使用例がある。

顧客体験(例:ホテルの部屋にAlexaデバイスを設置するなど)をサポートまたは強化するためのさまざまな用途を想像することができる。また、これらのデバイス上で、ブランド認知をサポートしたり、ブランド認知を構築したりする音声アプリやスキルを想像することもできる。しかし、これらのほとんどは、現在成功しているとは言えない。

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事