SaaS業界レポート2020

国内SaaS市場、2024年1兆1,200億円規模へ【SaaS業界レポート2020】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

SaaSマーケティングプラットフォーム『BOXIL SaaS』を運営するスマートキャンプ株式会社は、2019年に続きSaaS業界の市場規模やビジネスモデル、最新トレンドをまとめた『SaaS業界レポート2020』を公開した。

『SaaS業界レポート』とは

『SaaS業界レポート』は、SaaSの普及、SaaSビジネスの発展を目的として、SaaSの定義や特徴、市場規模をはじめとする統計データ、ビジネスモデル、トレンドなど、国内外のSaaS業界の概況についてまとめたレポート。2017年に第1刊、2018年に第2刊、2019年に第3刊を公開。多くの反響があり、同社は2020年にも4刊目を制作した。

昨年は有料での公開だったが、同社は、昨今の新型コロナウイルス感染症の情勢を踏まえより多くの皆様に情報を届けるため、今年は無料で公開した。

『SaaS業界レポート2020』のダウンロードURL
https://lp.boxil.jp/saasreport/2020

※『BOXIL SaaS』への会員登録が必要です(無料)

『SaaS業界レポート2020』の概要

SaaS(Software as a Service)とは、これまでパッケージソフトとして提供されていたソフトウェアを、インターネットを通じてクラウド上で利用できる形態のことを指す。国内SaaS市場は年平均成長率約13%の勢いで急成長しており、2024年には約1兆1,200億円へと拡大する見通し。

日本のSaaS市場規模推移 2020年

出所 富士キメラ総研「ソフトウェア新市場2020年版」2019年度実績、2020年度見込み、以降予測

特に2020年は、新型コロナウイルス感染症の世界的流行を受けてテレワークが進むなど企業における働き方が大きく変化し、DX(デジタルトランスフォーメーション)の一環としてSaaSが注目されるようになった。

『BOXIL SaaS』の資料請求動向を分析すると、急速なテレワークの普及を受けてWeb会議システム、電子契約サービス、電話関連システム、プロジェクト管理ツール、ナレッジ管理ツールなど、オンラインでのコミュニケーションを支援するサービスへの関心が高まったことがわかった。

また、SaaS市場の拡大に合わせて国内SaaSスタートアップによる資金調達金額も増加しており、2017年の約400億円、2018年の約570億円から2019年には約750億円に達している※1。

2019年以降、マーケティングオートメーションSaaSを提供する株式会社フロムスクラッチが100億円、労務管理SaaSを提供する株式会社SmartHRが61.5億円、建設プロジェクト管理SaaSを提供する株式会社アンドパッドが60億円、オンライン商談SaaSを提供するベルフェイス株式会社が52億円の資金調達を行うなど大型の資金調達が続いており※2、SaaSスタートアップ1社あたりの平均資金調達金額も2018年の3.0億円から2019年には4.8億円へと上昇した※1。

※1 出所 INITIAL “Japan Startup Finance 2019”「SaaSスタートアップの動向」2020/4/14 https://initial.inc/articles/sector-saas
※2 出所 INITIAL 企業情報

【プレスリリース】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事