2020年12月のWordPress 5.6でWebサイトが壊れる可能性

2020年12月のWordPress 5.6でWebサイトが壊れる可能性

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

WordPress 5.6でjQuery Migrate Helper Pluginが使えなくなり、一部のWebサイトが壊れてしまう可能性があります。

WordPress 5.5がリリースされたのは2020年のことで、その直後にインターネット上で数百万のWebサイトがダウンしました。WordPress 5.6にも同じことができる可能性があると米国Search Engine Journalが報じています。

jQuery Migrate Pluginを開発しているWordPress開発者の一人は、5.6が公開されればこのプラグインは 「役に立たなくなる」 とサポートスレッドで語っています。12月になってもこのサービスを利用している人は、注意が必要です。

WordPress 5.5でWebサイトが壊れた理由

WordPressは、jQueryの使用の3段階の近代化が計画されています。 jQueryは、アニメーションのようなウェブサイトの機能を与えるスクリプトのセットであり、Webページにインタラクティブな要素を提供し、それはウェブサイトに共通の機能を処理し、それを使用してCSSを操作するため、プラグインやテーマを簡単に作成することができます。

古いバージョンのjQueryは今でも多くのプラグインやテーマで使われています。古いjQueryライブラリーにはCross Site Scripting (XSS) やDenial of Service (DoS) の脆弱性が含まれており、これらの脆弱性はWebサイトにとって危険な場合があります。

WordPress 5.5は、WordPressエコシステム全体にコードの更新とjQueryの最新かつ安全なバージョンへの移行を強制することで、WordPressの近代化への第一歩を踏み出しました。

最初のステップは、jQuery Migrate 1.xライブラリーを削除することでした。

jQuery Migrateは、古いバージョンのjQueryを使用するプラグインを持つWebサイトが引き続き機能するようにするコードです。WordPressサイトは、古いjQueryスクリプトを使っているプラグインやテーマと後方互換性があります。

WordPressはこれらのステップを数ヶ月前に発表しました。プラグインやテーマの開発者は、jQueryが削除されるという警告を十分に受けており、ソフトウェアをアップデートする時間が十分にあります。

WordPressがバージョン5.5を2020年にリリースしたとき、何百万ものウェブサイトが正常に動作しなくなりました。Webサイトからロックアウトされ、管理パネルにログインできないユーザーもいました。他のパブリッシャーでは、サイト全体が完全に表示されなくなったこともありました。

WordPressがリリースしたプラグイン「Enable jQuery Migrate Helper」は、壊れたWebサイトをすべて復元できます。何百万ものWebサイトが復元され、世界的に発生した問題は一時的に解決へと向かいました。

WordPress 5.6はあなたのサイトは壊れるか?

現在Enable jQuery Migrate Helperプラグインを使用していて、管理パネルにログインするとエラーメッセージが表示される場合は、壊れる可能性があります。WordPressがバージョン5.6にアップデートされると、予期しないWebサイトの動作が発生する可能性があります。

一方、Enable jQuery Migrate Helperがエラーを報告していない場合は、テーマとプラグインがjQueryライブラリーを更新しており、サイトは正常に機能するはずです。

いづれにせよ、WordPressのアップデートは自動アップデートにするのではなく、しばらく様子を見てからアップデートすることをおすすめします。

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事