無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

広告がきっかけの購買経験者は52% 信用できる広告の種類1位はテレビCM【Ark the next調査】

広告がきっかけの購買経験者は52% 信用できる広告の種類1位はテレビCM【Ark the next調査】

 街中やインターネット上で日常的に目にする広告、その影響力は依然として大きい。最新の調査によると、消費者の52%が広告をきっかけに購買行動に至った経験があると回答している。このデータは、消費者が広告にどのように反応し、どの種類の広告を信頼しているのかを明らかにするArk the nextの調査から得られたものだ。

広告がきっかけの購買経験者は52% 信用できる広告の種類1位はテレビCM【Ark the next調査】

 調査は全国の20~40代男女100人を対象に実施され、広告全般に対する必要性の認識や、広告を通じた購買行動の有無、信頼できる広告の種類などについて詳細に分析した。結果は、消費者が新製品やサービス、イベント情報を得るために広告の必要性を感じている一方で、自分に関係のないものや過剰な訴求には不信感を抱いていることを示している。

 特にテレビCMや街角広告は、信頼できる広告として高い評価を受けている。これらの広告は、目に触れる機会が多く、情報を漏れなく伝えることが可能であるため、消費者からの信頼を得やすいと考えられる。一方で、ラジオ広告は情報量の差から信用しづらいと感じる人が多いようだ。

広告がきっかけの購買経験者は52% 信用できる広告の種類1位はテレビCM【Ark the next調査】

 広告の内容で信頼できると感じるポイントとしては、「内容がわかりやすくスマート」であることや、「データや客観的証拠が用いられている」ことが挙げられた。これは、情報が整理されており、根拠データの活用によって信頼を得ることができることを示している。

 消費者が好意的に受け止めた広告の例としては、好きなタレントが出演しているCMや、お得なキャンペーン情報、自分の興味関心に合った広告などが挙げられた。これらの広告は、消費者の関心を引き、購買行動に繋がりやすいことが伺える。

 広告を通じて情報収集を行い、実際に購買行動に移す消費者が多い一方で、興味がない広告には必要性を感じないという声もある。これは、広告のターゲティングの難しさを物語っている。消費者の目に届き、信頼性の高い広告を利用することが、企業にとっての大きな課題であり、チャンスでもある。

 Ark the nextが提供するLEDアドトラック事業など、新たな広告手法の活用も含め、企業は消費者の心を動かす広告戦略を練ることが求められている。調査結果を踏まえ、消費者の関心を引きつけ、信頼を築くことができる広告の創出が、今後のマーケティング活動の鍵を握るだろう。

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料