無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

Googleコアアルゴリズムアップデート2024年3月を発表 中古ドメインや大量生成コンテンツのスパムポリシーも公表

 Googleは2024年3月5日、検索品質を向上させるためのコアアップデートを発表し、同時に新たなスパムポリシーの導入も明らかにした。このアップデートは、クリックを誘うコンテンツを減らし、利用者にとって有益なコンテンツを増やすことを目指している。

 今回のコアアップデートは従来のものと比較して複雑で、複数のコアシステムに変更が加えられた。また、コンテンツの有用性を判断する方法にも進化が見られる。信頼できる情報を特定するために多くのシステムを使用してきたGoogleは、さまざまな新しい信号とアプローチを使用して、より有益な結果を表示するようコアランキングシステムを強化した。これに伴い、新たなFAQページも追加され、変更点について説明している。

 アップデートのロールアウトは最大で1ヶ月かかる可能性があり、通常のコアアップデートよりもランキングの変動が大きくなることが予想される。アップデート完了時にはGoogle Search Status Dashboardで発表される。

 新しいスパムポリシーでは、Googleの検索結果に悪影響を与える可能性のある行為に対処することを目的としている。今回新たに発表されたのは、中古ドメインの悪用大量コンテンツの悪用(AIコンテンツ等サイトの評判の悪用(ドメイン貸し)の3つのポリシーだ。これらの悪用行為に該当するサイトは、検索結果でのランキングが低下するか、表示されなくなる可能性がある。スパムによる手動アクションを受けたサイトのオーナーは、Search Consoleアカウントを通じて通知を受け取り、アクションの再考を申請できる。

 Googleは、ユーザーに有益なコンテンツを提供し、スパムを行う者よりも有益なコンテンツを提供する者が検索結果で成功することを目指して新ポリシーとスパム対策システムの改善を続けている。アップデートの完全な展開とフィードバックのためのフォームが用意される際には、Search Status Dashboardで更新情報が提供される予定だ。

参考:What web creators should know about our March 2024 core update and new spam policies

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料