無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

adjust、「2024年における日本と世界のモバイルアプリ業界のトレンド予測」発表 AIや機械学習に注目集まる

 モバイルアプリの計測・分析ツールを提供するAdjustは、2024年における日本と世界のモバイルアプリ業界のトレンド予測を発表した。この予測は、Adjustの代表者4名による5つのインサイトを通じて、アプリ市場の未来像を描き出している。

 第一の予測では、AIや機械学習による高度な予測分析機能と最適化モデルが注目を集めるとしている。日本のアプリ市場は世界でも有数の競争の激しさを誇り、多様なチャネルの組み合わせと分析機能の活用が、アプリの成長成功の鍵となると予測されている。特に、CTV広告の利用拡大やQRコードを活用したキャンペーンなど、新しいマーケティング手法の導入が進んでいる。

 第二の予測では、機械学習と予測分析を活用した予算投資の最適化への注目が高まることが挙げられている。変化し続けるクロスチャネル計測において、安定性と一貫性をもたらす予測分析の重要性が強調されている。

 第三には、自社データの活用方法の重要性が指摘されている。モバイルマーケティングにおけるAIの活用が、データに基づいたスマートな意思決定を可能にするとされている。これにより、マーケターはより短い時間で正確に予算を最適化し、オーディエンスにリーチすることができるようになる。

 第四の予測では、コネクテッドTV(CTV)がユーザーエクスペリエンスにおいて大きな革新を遂げる中で、より正確な計測が必要になるとしている。CTVが家庭のデジタルハブとしての役割を果たすようになり、広告主にとって高度な計測が必要不可欠になると予測されている。

 最後の予測は、リテールメディアの今後の可能性に注目が集まることを指摘している。コンテンツとコマースの融合がもたらす新しいテレビ視聴体験が誕生し、消費者がテレビ画面から直接購入できるようになることで、リテールメディアが広告の将来において重要な部分を占めるようになる。

 これらの予測は、2024年のモバイルアプリ業界が直面するであろう変化と挑戦を示している。AIや機械学習の進化、プライバシー規制の変化、新しいマーケティングチャネルの出現など、マーケターはこれらの変化を捉え、適切に対応することが求められる。Adjustは、これらの変化に対応するための絶え間ないアップデートを提供し続けることで、マーケターを支援していく方針である。

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料