無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

ECサイトでの商品の探し方は「キーワード検索」が約7割 キーワードに悩む人は約6割【NTTレゾナント調査】

 NTTレゾナント株式会社は、AI型ECサイト内検索ソリューション「goo Search Solution(グーサーチソリューション)」において、独自調査(2023年)(*1)として実施した調査結果レポートの第2弾を公開する。

 「ECサイトと実店舗の関係性」を深堀りした第1弾に続き、今回の調査では「ECサイトの利用動向」に焦点を当てている。

1. 調査結果

(1) ユーザーに選ばれるECサイト、ポイントは「価格の安さ」と「商品の見つけやすさ」

 ユーザーが「また使いたい」と思ったり「好きになる」ECサイトの要素として最も多かったのは、「価格が安い」で68.8%。

 2位に「商品が見つけやすい」(55.9%)が続いた。

 ECサイトが選ばれるポイントとして、価格的なメリットだけでなくサイトの検索性も重視されていることが浮き彫りになった。

ユーザーに選ばれるECサイトの要素の調査結果

(2) 商品の探し方は「キーワード検索」が約7割。一方で肝心のキーワードに悩むユーザーも

 ECサイトにおける商品の探し方は「キーワード検索」が67.1%で最多。

 なお、2022年9月に公開した調査結果における類似の質問でも「キーワード検索」を選ぶユーザーは71.2%で、今回の調査と同程度だった(グラフ2)。

 一方で、入力するキーワードについて悩んだ経験の有無を問う質問では、62.8%のユーザーが、「検索時に入力するキーワードに悩んだことがある」と回答している(グラフ3)。

 ECサイトはキーワード検索をメインとしつつも、それ以外の商品検索の手段を整える必要性があるのかもしれない。

ECサイトにおける商品の探し方の調査結果

ECサイトで商品を探す際に入力するキーワードについて悩んだ経験の有無の調査結果

(3) キーワード検索にはない切り口も。新しい商品との出会い方・「タグ検索」に注目

 商品検索時のキーワードが思いつかないユーザーにとって、便利な機能の一つが「タグ検索」だ。

 商品の探し方(グラフ2)で「タグ検索」を選んだユーザーに「使ったことのあるタグ」「使いたいタグ」について質問したところ、「商品カテゴリ」が最多で57.3%だった。

 さらに、かわいい・きれい・シンプルなどの「商品のイメージ」や、結婚式・大掃除などの「利用シーン」といった、通常のキーワード検索ではうまく目的の商品にたどり着きづらいような切り口にも10%以上の票が集まった。

 タグ検索は商品の特徴を示し、類似した特徴を持った商品を探しやすくなるため、ユーザーにキーワード検索とは異なる切り口の商品との出会いを提供できるかもしれない。

商品検索時にタグ検索を使うユーザーの検索方法の調査結果

 本独自調査レポート(*1)は、以下からダウンロード可能。

https://searchsolution.goo.ne.jp/materials/14-ec-2023-inflation-report/

 この他にもgoo Search Solutionではさまざまな調査レポートを公開されている。レポート一覧はこちら

2. goo Search Solutionについて(https://searchsolution.goo.ne.jp)

 goo Search Solutionは、AIがユーザーの行動ログから自己学習し検索結果の最適化を行うAI型ECサイト内検索ソリューション。

 NTTレゾナントが提供するポータルサイト「goo」の運営の中でノウハウを蓄積した検索の専門部門が、「gooのAI」技術を用いてECサイト内検索の利便性向上を支援する。

 今回の調査では、キーワード検索の重要性が浮き彫りになった一方で、検索時に入力するキーワードに悩むユーザーも多いことがわかった。

 選ばれるECサイトのポイントとして「商品の見つけやすさ」が挙げられていることも踏まえると、キーワード検索の精度を上げるほか、多様な検索手段に対応することが重要と言える。

 goo Search Solutionは、キーワード検索の精度を高める「表記ゆれ対応」や「検索結果の並び順最適化」に強みを持っている。

 さらに、商品情報をAIが解析して特徴やポイントをハッシュタグとして自動生成し、より欲しい商品を探しやすくする「ハッシュタグ機能」も2023年3月に提供開始した。

 「検索」に関わるさまざまなニーズ、EC業界をとりまく変化をとらえ、これらに対応する機能の開発・精度向上に努めている。

 goo Search Solutionは、今後もECサイトの売上アップを支援していくとしている。

 なお、NTTレゾナントは2023年7月1日をもって株式会社NTTドコモと合併するが、合併後も引き続きNTTドコモが同サービスを提供する。

(*1) 調査概要

  • 調査対象者:15歳~69歳の男女(1か月以内にECサイトを利用した人)
  • 有効回答者数:1,035名
  • 調査期間:2023年2月3日~ 2023年2月4日
  • 調査方法:インターネットリサーチ

 本調査では小数点第2位で四捨五入しているため、足し上げても合計数値が100%にならない場合がある。

※ 記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標。

【関連リンク】

\無料登録受付中/