無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

電通デジタル、ChatGPTを全社員が利用可能に AIツール用のAPIアカウントを付与し業務への活用を推進

 株式会社電通デジタルは、社員全員でのオープンイノベーションを目指し、OpenAI社が開発したAIチャットボット「ChatGPT」をはじめとしたAIツールを使用できるAPIアカウントを全社員に付与した。

 これまでコピーや広告文の素案の作成など、エバンジェリストが中心となって使用していたOpenAIのAPIを、全社員が業務に活用できる環境を整え推進することで、業務効率化や最先端のAI技術を活用した効果的なソリューション提案力の全社的な底上げを目指す。

 なお、同社では「ChatGPT」と最新の社内データベースが連動する独自の機能を開発しており、より正確で質問者の意図に則した回答を得られるようカスタマイズしている。

 それにより、全社員による容易かつ効率的な利用を可能にしている。

 また、社内では効果的な使い方などのナレッジを社員全員で共有するプラットフォームの整備やAI活用に関する社内グランプリ開催など、AIへの知見や理解を深めながら、AIを全員が活用できる環境の構築と文化の醸成も推進している。

 加えて、電通グループでは、AI利用ガイドラインを制定し、全社員は事前に精読の上、ガイドラインに沿ったAIの利用を徹底している。

 電通デジタルはChatGPTなどの先進的な技術を積極的に業務に取り入れ、社員一人ひとりのパフォーマンスと働きやすさを向上させることで、クライアント企業の事業成長パートナーとしてさらなる成長を目指すとしている。

電通デジタルについて https://www.dentsudigital.co.jp/

 国内最大級の総合デジタルファームとして、データとテクノロジーを駆使した次世代マーケティングの戦略策定・実行、その基盤となるITプラットフォームの設計・構築、クライアントの事業革新を支援するDXコンサルティングなどのサービスを提供。

 国内外の企業との緊密なパートナーシップのもと、高度な専門性と統合力により、クライアントの事業成長に貢献している。

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料