無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

新聞社ニュースサイトの月間利用者数、「Yomiuri Shimbun Online」が最多【ニールセン デジタル調査】

 視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社は、ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)のMonthly Totalレポートをもとに、「新聞社ニュースサイト」ジャンルの利用状況を発表した。

  • 「新聞社ニュースサイト」ジャンルのトータルデジタルでの月間利用者数は、「Yomiuri Shimbun Online」が最も多く1,613万人
  • 上位5サービスの性年代別ターゲットGRP(TARP)は、男性35-49歳が最も高く、男性50歳以上が続く
  • ターゲットGRP(TARP)の最も高い男性35-49歳の月平均利用回数は、「Nihon Keizai Shimbun」が最も多く、月19回

 2023年3月のニールセン デジタルコンテンツ視聴率 Monthly Totalレポートによると、国内の新聞社が運営しているニュースサイト(スポーツニュースサイトを除く)ジャンルにおいて、PCとモバイルの重複を除いたトータルデジタルの利用者数が最も多かったのは「Yomiuri Shimbun Online」で1,613万人が利用しており、「ASAHI SHIMBUN DIGITAL」が1,403万人で続いていた。

 また、月平均利用回数では、「Nihon Keizai Shimbun」が10回で最も多くなっていた(図表1)。

デジタルコンテンツ視聴率のMonthly Totalレポート トータルデジタル利用者数ランキング 新聞社ニュースサイトジャンル

 次に、「新聞社ニュースサイト」ジャンルにおける利用者数上位5サイトを合計したターゲットGRP(TARP)を性年代別に見ると、男性35-49歳で最も高く468%となっていた。

 次いで男性50歳以上で424%、男性18-34歳で339%と、どの年代でも男性のほうが多くなっていた(図表2)。

デジタルコンテンツ視聴率のMonthly Totalレポート トータルデジタル利用者数上位5サービスの性年代別GRP

 最後に、ターゲットGRP(TARP)が最も高かった男性35-49歳の利用状況をサービス別に見ると、利用者数では全年代の結果と同様、「Yomiuri Shimbun Online」(202万人)が最も多く、「ASAHI SHIMBUN DIGITAL」(194万人)が続いていた。

 また、平均利用回数では「Nihon Keizai Shimbun」が月平均19回で最も多く、GRPにおいても256%で最も高くなっていた(図表3)。

デジタルコンテンツ視聴率のMonthly Totalレポート トータルデジタル利用者数ランキング 新聞社ニュースサイトジャンル 男性35-49歳の利用者数月平均利用回数、GRP

 スマートフォンをはじめとするデジタル媒体でニュース情報を収集する行動はどの年代でも広く浸透しているが、今回の分析結果では、全年代と男性35-49歳を比較すると、利用者数の順位は同じでもターゲットGRP(TARP)で順位が異なるなどの違いが見られた。

 そのため、消費者とより効果的な広告コミュニケーション戦略を立てるために、マーケティング担当者はメディアプランニングする際に、媒体の利用者数だけでなく、月平均利用回数やターゲットGRPなどの指標も加味した上で、キャンペーン目的に合致したメディアを選ぶことが重要となる。

ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)について

 ニールセン デジタルコンテンツ視聴率は、デジタル媒体の全てのコンテンツを、PC、モバイル、タブレット、およびCTVなどの全てのデバイスを横断して計測し、デジタルコンテンツ全体の視聴者のメディア接触と消費量を包括的に把握することを可能にする。

 媒体社はこのサービスを使うことで、デジタルメディアの消費状況全体を把握でき、広告販売における透明性のあるデータの開示や競争力のある広告メニューの開発をおこなえる。

 広告主、広告会社は広告購入における適切な予算配分計画をおこなえる。

 日次データは3日後にはオンラインのインターフェイス上に表示され、顧客企業はデジタルメディアの利用状況をすばやく知ることができる。

 サービスの詳細は、ウェブサイトでもご覧いただける。

https://www.netratings.co.jp/solution/dcr.html

【関連リンク】

\無料登録受付中/