取材・インタビューのご依頼はこちら▶

Web広告を自社と代理店で運用するBtoB企業はほぼ同程度 体制を途中変更する企業は少数【Shirofune調査】

 広告運用自動化ツール「Shirofune」を開発・提供する株式会社Shirofuneは、スタートアップの経営課題をワンストップで支援するサービス「bizhike」を展開する株式会社キャスターと合同で、BtoB企業のマーケティング職や広告・販促職の方109名を対象とした、「BtoB企業のデジタルマーケティングにおけるWeb広告運用体制」に関するアンケートを行った。

調査結果サマリー

  • 運用体制は「自社運用」「代理店運用」はほぼ同程度の結果に。「自社運用と代理店運用の併用」で、部分的に自社運用をしている企業も多い。
  • 途中で運用体制を切り替えているケースは少なく、自社の事業フェーズにマッチした運用体制を選択していくことへのハードルは非常に高い。
  • 運用体制を切り替えない理由は「運用経験者の採用・確保ができないこと」が最も多く、代理店運用の「プロの広告運用経験者」を供給してくれるメリットとリンクする結果に。
  • 代理店から自社運用に切り替えた企業では、「運用スピードの改善」や「自社へのノウハウ蓄積」やという課題は解決ができたと回答。
  • 事業フェーズにマッチした運用体制の柔軟な構築は、「運用経験者の採用・確保」が鍵に。

 自社運用の割合は高いものの、運用体制を柔軟に変更するハードルは非常に高く、自社の事業フェーズにマッチした運用体制の構築をしていくことに課題があることがわかった。

 そこには「広告運用経験者の確保・維持」が要因となっており、運用経験者のノウハウの再現性や、生産性の向上などがより一層大事なポイントになってくるかもしれない。

調査結果詳細

BtoB企業のデジタルマーケティングにおける現在のWeb広告運用体制の調査結果

 「代理店運用」と「自社運用」がほぼ同じ割合の結果となった。

 また「代理店運用と自社運用を併用した運用」も上位2つと比較して僅差となっており、部分的な運用も含めると半数以上の会社が、自社で広告運用しているという結果になった。

BtoB企業のWeb広告の自社運用体制の調査結果

 なお、Q1で「自社運用」を選択した30名に、運用スタッフについて聞いたところ、「経験者による運用」が6割以上と高い割合を示している。

 広告運用の経験者を確保できるかが、自社で広告運用を実施できるかが大事なポイントになっているようだ。

BtoB企業のWeb広告運用体制の変遷の調査結果

 これまでの広告運用体制の変遷を聞いたところ、運用開始時の体制からそのまま継続する企業が多く、途中で体制を入れ替える企業が少ないと言える。

 開始時の体制から切り替えて、新しい運用体制を構築することに対するハードルの高さが感じられる。

自社運用体制について

 Q4〜Q9 は、Q3で「代理店運用から自社運用へ以降したことがある」と回答した10名に質問した。

BtoB企業がWeb広告運用を代理店から自社運用へ切り替えた理由の調査結果

 「広告代理店に支払う手数料を削減したかったから」「ノウハウを社内に蓄積したいから」「広告運用の経験者あるいは副業人材を採用できたから」はそれぞれ3人の方が、「運用のスピード感を高めたい」は2人の方が選択した。

 「ノウハウの蓄積」「運用スピード」といった成果面や、「手数料削減」という資金面でのニーズが切り替え理由になる一方、実際に広告運用の経験者が採用・確保できたかどうかも理由となっているようだ。

BtoB企業のWeb広告運用における自社運用への切り替え当時の懸念事項の調査結果

 自社運用開始時の懸念点として、「マーケティング施策の客観的な評価が難しい」「広告代理店のようなプロの専門知識を活用できない」といった「ノウハウ」面を選ぶ人、そして「前金制になるのでキャッシュフローに悪影響がある」といった「キャッシュ・フロー」面を選ぶ人が多い結果となった。

 その他、「マーケティングトレンドを情報収集する時間がない」や「十分にリソースを確保できないと作業にばかり時間が取られる」といった他の業務と兼任しているが故に「リソース(時間)が足りない」という側面も見られた。

BtoB企業におけるWeb広告の自社運用への切り替えによるメリットの調査結果

 代理店運用から自社運用に切り替えたメリットとして最も多かったのは「PDCAを回すスピードが上がる」だった。

 「日々動く事業判断をスピーディーに広告に反映できる」も1人が選択しており、「運用のスピード感」という要素にメリットを感じるケースがあるようだ。

 また3人が選択した「自社に広告のノウハウが蓄積される」をはじめ、「代理店に支払う手数料を広告費にあてられる」、「代理店とのコミュニケーションの中で発生するストレスの減少」のように、代理店への不満を抱えており、自社運用への切り替えを検討していた企業も多いと考えられる。

 Q4「自社運用に切り替えた理由」とQ6「代理店運用から自社運用に切り替えたときに感じたメリット」がリンクしており、元々代理店運用時代に課題として感じられていた「自社へのノウハウの蓄積」及び「運用スピードの改善」という点においては、クリアした企業が多いと言えそうだ。

BtoB企業のWeb広告自社運用における課題の調査結果

 自社運用中に発生した課題として、「運用に工数がかかりすぎている」という「リソース」面の課題が一番多く選択された。

 また「広告運用経験者の採用が難しい」「広告運用経験者が退職してしまった」といった、運用経験者の採用・離職などの「人材」面での課題が大きいようだ。

 自社で運用する場合、「人材の確保・体制の維持」など運用体制を維持し続けることに課題があることが見受けられる。

BtoB企業がWeb広告の自社運用切り替え後に感じた代理店運用のメリットの調査結果

 自社運用に切り替えた後に感じた、代理店運用のメリットとしては、「運用を任せることで空いた時間を他の業務に費やせる」という「リソース」面が最も多く選択された。

 結果にQ4の自社運用開始当初の懸念は、「プロの運用ノウハウ」が一番高い結果であり、開始前と後で感じるメリットの内容に違いがあることがわかる。

代理店運用体制について

 Q9は、Q3で「運用開始以来、継続して代理店に運用を委託」を選択した、一度も自社運用を経験していない16名に質問した。

BtoB企業がWeb広告の自社運用を行わない理由の調査結果

 「自社運用の場合、最新のノウハウを収集することが難しいため」といった「ノウハウ面」、また「自社で担当者を育成する必要があるため」や「社内でリソースを割く必要がなく、広告の効果が得られるため」といった、「リソース面」に関する項目が多く選択された。

 広告運用ができる人材の確保が自社で難しい場合、外部の代理店に依頼するケースが多いようだ。

BtoB企業のWeb広告運用の代理店切り替え回数の調査結果

 Q10ではQ9とは逆に、Q3で「運用開始以来、継続して自社運用」「あてはまるものがない」以外を選択した、1度でも代理店運用を経験したことがある47名に質問した。

 半数以上の企業で代理店を切り替えたことがあると回答。なかでも「5回以上」と回答した企業が約1割もいるなど、自社に合う代理店を見つけることはなかなか難しい様子が伺える。

 今回の調査において、BtoB企業におけるWeb広告運用体制の割合は「自社運用」「代理店運用」「自社運用と代理店運用の併用」の順でほぼ並ぶ形となり、部分的にでも「自社運用」を実施している企業が多いことがわかった。

 しかし、「運用開始当初は代理店運用」していた企業が自社運用への移行(内製化)に成功するなど、途中で体制を切り替えている割合はどのパターンでも低く、自社にマッチした運用体制を柔軟に選択することへのハードルは非常に高いようだ。

 その理由として、「運用経験者の採用・確保」が大きなポイントになっており、代理店への期待値としても「プロの広告運用経験者」を供給してくれる点が最も大きなポイントのようだ。

 今回の調査を踏まえ、運用体制の選択肢として自社運用での比率は一定割合高いことがわかったが、運用体制を柔軟に変更することのハードルは非常に高く、自社の事業フェーズにマッチした運用体制の構築を選択していくことに課題があることがわかった。

 またそのポイントとして、「広告運用経験者の確保・維持」が課題となっており、運用経験者のノウハウの再現性・生産性の向上などがより一層大事なポイントになってくるかもしれない。

調査概要

  • 調査機関:株式会社キャスター(調査委託先)
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査時期:2023年1月23日 ~ 2023年1月31日
  • 調査対象:全国の23~60歳の男女、BtoBの事業会社におけるマーケティング職、広告・販促職
  • 有効回答数:109名

広告運用自動化ツール「Shirofune」について

https://shirofune.com

 Shirofuneは、「1日10分でプロ品質の広告運用」を実現する、広告運用自動化ツール。

 広告運用が未経験の方でも、簡単操作で広告の出稿から最適化まで、ワンストップで実現可能。

 運用に関わる各種業務を自動化することで、広告業務に関わる生産性を大幅な改善を実現する。

 現在13,000を超えるアカウントがShirofuneを通じて運用が自動化されており、上場企業から成長企業の広告主の自社運用の支援をはじめ、大手広告代理店様の社内運用業務の基幹システムとしての採用など、幅広く活用されている。

 広告運用のプロのサポートメンバーが、ツールを活用した広告運用の内製化支援を提供しており、生産性高く、かつ再現性が高い運用体制の構築支援も行っている。

 国内外で唯一のYahoo!広告 API認定パートナーツールである。

【関連リンク】

\無料申込受付中/

公式ページ
2時間ですべてがわかる!SNSマーケティングの起承転結 ~SNS最新情報・バズらせ・運用ノウハウ・CV設計~
PR