無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

特定の商品を探し回った経験のある人は半数以上 商品の認知場所はTV・ラジオが多数【ONE COMPATH調査】

 凸版印刷株式会社のグループ会社 株式会社 ONE COMPATHが運営する、法人向け地図ソリューション「Mapion Biz」は、全国の男女 6,455 名を対象に、商品探しに関するアンケートを 2022年12月13日~19 日に実施した。

 「Mapion Biz」では、食品や日用品など特定の商品がどの店舗で買えるかを検索できる「取扱い店舗検索」を提供している。

 そこで実店舗を巡って商品を探した経験やその前後での行動について、同社は商品を「食品・健康食品」「化粧品」「家電」など全13カテゴリに分けて調査した。

 結果から、半数以上の人が商品を探し回って店舗をハシゴした経験があることや、「食品・健康食品」はTVで知ったものを、「化粧品」はSNSで知ったものを探したことがある人が多く、売っている場所をネットで検索する人が多いこともわかった。

 同調査の詳しいデータや回答をまとめたホワイトペーパーが公開されている。

URL: https://www.mapion.co.jp/sales/downloads/request/whitepaper_2302.html

商品探しに関する意識調査の概要

  • 半数以上の人が特定の商品を探し回った経験アリ。CMやキャンペーンで見かけた食品や飲料が多数
  • 商品を知ったきっかけの多くは「TV・ラジオ」、買える場所を調べる方法は「Google・Yahoo!検索」
  • SNSで商品を認知する人が多い「化粧品」、買える場所を探すときもSNSを利用
  • 探し回らない理由は「こだわりはなく代用品買う」、「事前に買える場所を調べる」

半数以上の人が特定の商品を探し回った経験アリ。CMやキャンペーンで見かけた食品や飲料が多数

特定の商品を求めて複数店舗を探し回った経験の調査結果

 特定の商品を求めて複数店舗を探し回った経験について聞いたところ、半数以上の人(52.5%)が「経験がある」と回答している。

 探し回った経験のある商品カテゴリを見てみると、「食品・健康食品」が59.6%でトップだった。

 次いで2位は「飲料・お酒」(30.6%)となった。

 「孫がCMで見て食べたいというので、何軒ものコンビニで探したが見つからず、結局いつも行っているスーパーにあった(笑)」(50代女性)、「Twitterのキャンペーンで『コスタコーヒー』の新作が出ていたが、コンビニを数軒はしごしてやっと見つけた」(30代女性)など、食品や飲料では、SNSで話題になったり広告やキャンペーンを実施したりすることが多いことから、探し回る人が多いようだ。

 3位は「日用品」(23.5%)でした。具体的な商品を聞いたところ「好きな香りの柔軟剤」(20代女性)、「洗濯洗剤」(40代女性)など、一度お気に入りになったものを使い続けるために探す人が目立った。

 「洗顔フォーム詰め替え」(50代女性)を具体的な商品として挙げた人は「詰め替えは同じ製品でないといけないと書いてあるため」と、代替品にはできない事情が理由としている。

商品を知ったきっかけの多くは「TV・ラジオ」、買える場所を調べる方法は「Google・Yahoo!検索」

複数店舗を探し回った特定の商品を知った場所と購入場所の調べ方の調査結果

 前問で探し回った商品について、その商品を知ったきっかけと、商品を探し回る際に買える場所をどのように調べたのかを聞いた。

 知ったきっかけでは「食品・健康食品」や「飲料・お酒」など多くのカテゴリで「TV・ラジオ」を挙げる人が多くいた(13カテゴリ中7カテゴリでトップ)。

 「TV・ラジオ離れ」と言われていますが「ドラマで使われたケーキがコンビニで発売されたけど、売り切れで何軒もはしごしました」(50代女性)、「ごま豆乳鍋はラジオパーソナリティが美味しいと言っていて食べたくなった」(40代女性)などの声から、まだまだ影響力が大きいことがわかる。

 そのような中で「化粧品」は唯一「SNS」が1位(35.1%)だった。

 「Instagramでオススメされている投稿を見てネットで情報を調べた」(40代女性)など、化粧品についてはSNSの情報を参考にする人が多いようだ。

 一方、商品を買える場所を調べた方法では「Google・Yahoo!検索」が全カテゴリで1位となっており、「公式サイト・アプリ」や「SNS」に大きな差をつけている。

 このことから「TV・ラジオで見聞きした商品をネット検索で買える場所を調べる」という行動が一般的になっているといえそうだ。

 中には「テレビで見て欲しいと思いGoogle検索して買いに行っても無いので諦めました」(60代男性)と、必ずしも解決できるとは限らないようだ。

その他「商品を知ったきっかけ」に関する具体的なエピソード

TV・ラジオ

  • 50代女性、探した商品:マキアージュのリキッドファンデーション
    「TVでマキアージュのリキッドファンデのCMがあり、店頭に行ったら無くて何件もハシゴした」
  • 40代男性、探した商品:ヤクルト1000
    「テレビなどで話題になっていたので興味をもち、自動販売機などを回った」

SNS

  • 20代女性、探した商品:お~いお茶
    「『どうぶつの森』のおまけがコンビニ限定という情報をSNSで見たため、コンビニを探し回った」
  • 40代女性、探した商品:丸美屋のふなっしーカレー、ニンテンドークラシックミニなど
    「Twitterなどで発売を知り、友達に聞く。買い物に行く時に必ず探すようにスマホのメモに書いて、買い物の際にはあちこち探し回る」

店頭

  • 50代女性、探した商品:キュレルのファンデーション
    「一度、マツキヨの店頭で見たことがあったので、いずれ買おうと思っていた。敏感肌で乾燥肌なので、きっと肌に合うと思っていたからだ。しかし、いざ買おうとすると店になかった。他のマツキヨ2店でもなくて、ドンキで見つけて買いました」

Webサイト

  • 40代女性、探した商品:ファミリーマートのデニッシュキューブ
    「公式サイトで新発売を知って食べたいと思って店頭に行った時には見当たらず、その内に無くなってしまった」

SNSで商品を認知する人が多い「化粧品」、買える場所を探すときもSNSを利用

認知場所のトップがSNSだった「化粧品」の、商品を知ったきっかけと購入場所の調べ方についての関係性

 商品を知ったきっかけのトップがSNSだった「化粧品」について、商品を知ったきっかけと買える場所の調べ方についての関係性を見ていく。

 「TV・ラジオ」で知った人の調べ方トップは「Google・Yahoo!検索」だった(51.2%)。

 一方で、「SNS」で知った人の調べ方トップは「Google・Yahoo!検索」(50.9%)だっが、僅差で「SNS」(49.7%)となった。

 具体的なエピソードとして「Twitterの情報を元に何軒もドラッグストアを毎日見て回って手に入れた」(30代女性 探した商品:KATEのリップモンスター)といったものがあった。

 化粧品に関しては、認知する方法も買える場所を探す方法もSNSを活用していることがわかった。

 企業によっては、問い合わせ先としてコールセンターやお客様相談室などを設置しているところもあるが、「コールセンターに電話をした」人は最も少数派となった。

 買える場所を調べる際、生活者にとってコールセンターに問い合わせることは選択肢に入っていない、もしくはハードルが高いともいえる。

 しかし、「ホームページで調べて電話で問い合わせをして店舗に購入に行きました」(50代男性)など少数派でありながら活用する人もいるようだ。

探し回らない理由は「こだわりはなく代用品買う」、「事前に買える場所を調べる」

 1問目では様々な手法で商品を探し回る人がいる一方で、47.5%の人が「探し回ったことがない」と答えている。探し回らない理由を聞いてみたところ、「欲しい商品が売っていなかったら別の商品を購入するから」(30代男性)など、特定の商品にこだわらず、なければ代用品を買うという声が多くあった。

 その一方で「事前に、どこの店で何時から販売かを調べ、販売数量等を確認して行くか行かないかを決めている」(60代男性)、「探し回るのが面倒なので、事前に売っている店を調べてから買いに行く」(50代女性)といったように、事前に買える場所の情報収集をしている人もいた。

 何店舗も商品を探し回らないように、あえて事前に調べるという人も少なからずいるようだ。

 以上の結果から、実際に商品を探し回るかどうかに関わらず、販売機会の損失とならぬよう購入可能な場所の情報提供をしっかりと行うことは、より顧客=ファンを増やすための重要な施策といえる。

(以上、株式会社ONE COMPATH 「Mapion Biz」調べ)

調査概要

  • 調査エリア: 全国 
  • 調査対象者: 「シュフーポイント」会員(全年齢層の男女)
  • サンプル数: 合計有効回答サンプル数 6,455名
  • 調査期間: 2022 年 12月13 日~12月19日
  • 調査方法: インターネットリサーチ(自社調査)

Mapion Bizの「取扱い店舗検索」について

 店舗情報データと商品の出荷データを組み合わせることで、商品を取り扱う最寄りの店舗を自社のホームページで検索、案内できるサービス。

 商品を探している生活者は、企業に問い合わせることなく、地図上から商品を取り扱う店舗を24時間検索することができる。

 食品や日用品など、取り扱う商品数や商品を卸している店舗数が多いメーカー向けに展開している。

URL: https://www.mapion.co.jp/sales/

【関連リンク】

\無料登録受付中/