MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?

Web広告運用・制作の現場で「生成AIツール」を使用している人は4割【キーワードマーケティング調査】

Web広告運用・制作の現場で「生成AIツール」を使用している人は4割【キーワードマーケティング調査】

 キーワードマーケティングが展開するWebメディア「キーマケLab」は、日本国内でWeb広告の運用や制作に携わる500名を対象に「生成AIツールの活用状況に関する調査」を実施した。この調査は2023年11月3日から11月6日にかけて行われ、Web広告業界における生成AIの使用状況とその影響についての貴重なデータを提供している。

Web広告運用・制作の現場で「生成AIツール」を使用している人は4割【キーワードマーケティング調査】

 調査結果によると、Web広告運用・制作の現場で生成AIツールを使用していると回答した人は40%にのぼる。これらのユーザーは、主に「コンテンツやデザインを自動生成してくれるから」という理由で生成AIを利用しており、67%がこの理由を挙げた。また、56%は「全体的な効率向上ができるから」、34.5%は「ターゲット広告の精度を向上できるから」と答えている。

Web広告運用・制作の現場で「生成AIツール」を使用している人は4割【キーワードマーケティング調査】

 一方で、生成AIを使用していない人々の中で最も多い理由は「現状困っていないから」で43%、次いで「導入方法が複雑そう」と感じている人が23.7%を占めている。これは、一部の人々が業務において生成AIの使用にハードルを感じていることを示している。

 また、生成AIを使用している人々にとっての課題としては、「セキュリティ上の懸念」が38.5%、「社内ルールが整備されていない」が36%、「理想的な使用方法が不明確」が31%となっている。これらの課題は、生成AIツールの提供元や使用を促進する企業にとって、改善の余地があると考えられる。

 さらに、全体の58.4%が生成AIツールに「単純作業の効率化」を期待していることが明らかになった。入稿用CSVファイルの生成や配信結果のデータをまとめる作業など、既存の生成AIツールを工夫すれば実現可能な場合もあるが、有料化が必要であったり、習得までに時間を要することから、導入方法が複雑だと感じる人が一定数いることがわかる。

 今回の調査結果から、Web広告領域において生成AIを「使用していない」割合が60%であることが判明し、生成AI市場にはまだ伸びしろがあると言える。キーワードマーケティングでは、オペレーション業務の効率化を目指し、生成AIを活用したシステムの内製開発を進めている。

 この調査結果は、「キーマケLab」にて詳細を確認できる。また、キーワードマーケティング代表の滝井とマネージャーの川手が対談形式で調査結果についての見解を公開している。

 Web広告業界における生成AIの活用は、今後もさらなる発展が期待される領域であり、その進化とともに業界の変化を見守ることが重要だ。

【関連リンク】

\無料登録受付中/