取材・インタビューのご依頼はこちら▶

TikTokとGoogle、提携を模索 検索トラフィックの向上目指す

 2022年には多くの若者ユーザーがTikTokを選択の検索エンジンとして利用していたとの報告があり、TikTokがGoogleの市場シェアの大部分を奪取する可能性があるとの声が上がっていた。しかし、Googleはその動きに対抗する方法を見つけたようだ。

 Business Insiderの新しい報告によれば、TikTokとGoogleは現在、新しい提携を模索しており、TikTokの検索ストリームにGoogleの検索プロンプト、そして将来的には結果を統合することを検討している。アプリ研究者のRadu Oncescuが投稿した例によれば、一部のTikTokユーザーは、アプリ内の検索結果に新しいプロンプトが表示され、Googleでの検索を拡張するCTAが含まれていることが確認されている。

 Business Insiderによると、「TikTokのスポークスパーソンは、TikTokアプリ内のサードパーティとの統合を試験しており、Googleとのテストも含まれていることを確認している。この機能は、いくつかの異なる市場でグローバルに試験されており、広告ユニットではないとスポークスパーソンは述べている。Googleのスポークスパーソンは、提携の一部として両社間に金銭的な合意があるかどうかについてのコメントを控えている」とのこと。

 このカスタム統合は、TikTokアプリ内でより多くの文脈を提供し、TikTokアプリを介してより多くの発見を促進することを目的としている。これは、両方のアプリにとって意味があるかもしれない。Googleの上級副社長であるPrabhakar Raghavanは、GoogleがTikTokの検索ツールとしての出現を潜在的なビジネスリスクとして認識していると述べている。

 この提携の詳細についてはまだ明らかにされていないが、Googleが検索の維持を目指しており、競合の成長を打ち消すか、少なくともTikTokの検索ツールとしての台頭と並行して、そのツールを最前線に保つための方法を探していることは明らかだ。

 TikTokが得るものは明確ではないが、アプリへのトラフィックを増加させる助けとなる可能性がある。いずれにせよ、これはデジタルマーケターにとって興味深い提携であり、検索ツールとしてのTikTokの出現は興味深い考慮事項となるだろう。

【関連リンク】