無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

シニアのLINE利用率がメール利用率を上回る 調査開始以降初の逆転【モバイル社会研究所調査】

ポイント

  • 調査開始以降初めて、LINEがメールを上回る
  • 女性「LINE」「Instagram」、男性 「メール」「Facebook」「Twitter」の利用が多い
  • 関東のシニアはメール・SNSの利用率が高い

調査結果

 2023年1月に訪問留置法(調査員が訪問し調査を承諾頂いた方に紙で質問票を配り後日回収)で実査した結果より、シニアのメールとSNSの利用状況について、分析した結果をお伝えする。

1. 調査開始以降初めて、LINEがメールを上回る

 メールとSNSの利用状況を図1に示す。

 調査開始以降初めて、LINEがメールを上回った。

 メールの利用は大きく下がっていないため、多くのシニアがメールとLINEを併用しているのが分かる。

 また、Facebook、Twitter、Instagramの利用率は約10%前後で大きな変化は見られなかった。

図1. メール・SNS利用率(関東)

シニアのメール・SNS利用率(関東)

2. 「LINE」「Instagram」は女性が、「メール」「Facebook」「Twitter」は男性が高い傾向

 次にLINEとメールの利用率を性年代別でお伝えする。

 いずれのサービスも60代の方が70代より高い。

 そして同年代で比較すると「LINE」「Instagram」は女性が、「メール」「Facebook」「Twitter」は男性が高い傾向だ。

 2023年6月15日のレポートでお伝えした通り、男性は女性よりパソコンの利用時間が長い。

 また女性は若干だが男性よりスマホの利用時間が長い。

 利用している機器の違いがメールとLINEの差と関連していると思われる。

図2. 性年代別メール・SNS利用率(全国)

シニアの性年代別メール・SNS利用率(全国)

3. 関東のシニアはメール・SNSの利用率が高い

 最後に地域別の利用率を見ます。表1の通り、関東が全サービスで全国平均を上回る利用率となっている。

 LINEとメールは地域によって、10~20ポイントほど差がある状況だ。

表1. 地域別メール・SNS利用率(全国)

シニアの地域別メール・SNS利用率(全国)

 今回はメールとSNSの利用状況について、お伝えした。

 次回は受信・発信別利用状況並びに頻度についてお伝えする予定となっている。

調査概要 ―「2023年シニア調査」―

    • 調査方法:訪問留置調査
    • 調査対象:全国・60~79歳男女
    • 有効回答数:1,350
    • サンプリング:QUOTA SAMPLING、性別・年齢(5歳刻み)・都道府県の人口分布に比例して割付。
    • 調査時期:2023年1月

【関連リンク】

\無料登録受付中/