無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

ironSource Japan、2023年のモバイルマーケティングを予想 ショート動画やオンデバイス広告が主流に

 2023年のマーケティング戦略を考える時、どうすれば予算をもっと増やせるか、あるいは少ない予算でも効率を上げられるか、

 そんなことを考えるのではないだろうか。

 幸いなことに市場の変化と同様、急速に技術イノベーションは進化しており、テクノロジーを活用してキャンペーンのパフォーマンスを向上させる新たな方法は常に存在している。

 2023年には配信チャネルの拡大、マーケターを後押しするオントレンドなクリエイティブ、そしてキャンペーン運用を自動化および最適化するアナリティクスやAIの進化が見られるだろう。

 それぞれについて掘り下げてみたい。

ironSource Japanによる2023年のモバイルマーケティング予測

1. ショート動画が主流に

 2022年に文明の中で生活していた人なら皆、ソーシャル・チャネル上で短い「スナック感覚」とも言える動画が広く普及し、人々のコンテンツ消費が変わったのを目の当たりにしたのではないだろうか。

 あらゆるトレンド同様、その影響は特定のソーシャルメディア・プラットフォームのコアコンテンツ以上に広がり、消費者の関心を惹きつけるショート動画を利用した広告クリエイティブがますます増えていくだろう。

 マーケターは、これまでよりも短い時間で注目を集める広告を制作する必要に迫られる。

 これを実現するために、ユーモア、実写、サウンドを活用した広告が増え始めており、今後もそれが続くと予想される。

2. オンデバイス広告が主流に

 ユーザー獲得競争が激化する中、主要戦略になるのは、すでにキャンペーンを配信しているその先を見て、インクリメンタルなグロースを実現できる新たなチャネルへ目を向けることだ。

 モバイルアプリで以前から人気を博しているチャネルの一つが、テクノロジープロバイダーが広告主と通信事業者を結び付け、そこに広告を配信するオンデバイスキャンペーンだ。

 効率的でインクリメンタルなグロースへの意欲が高まる中、今後より多くのアプリ広告主が競争力の高いCPIで、このチャネルを活用することが重要になるだろう。

3. バリューエクスチェンジ(価値交換型)広告の台頭

 市場経済の厳しさが続く中で、代替決済モデルに対する消費者の需要は高まっている。

 ユーザーが報酬と引き換えにアクションを実行するリワード広告は、長らくモバイルゲームの主流となっている。

 モバイルゲームをプレイして育ってきたユーザーは、このような広告フォーマットを積極的に利用しており、他のチャネルでも価値交換型の広告を求めることだろう。

 動画リワードやオファーウォールなどのリワード広告を活用することで、マーケターは、実際に価値を提供するユニークかつポジティブな広告体験を通じて、高価値の潜在顧客とつながる機会を得ることができる。

4. 究極の価格効率を実現する自動最適化

 2023年は、新しいユーザーを獲得することよりも、既存のユーザーからの収益を最大化することに重点が置かれる。

 1st Party Dataを有効に活用してターゲットオーディエンスのより豊富なプロファイルを構築し、機械学習を活用してUAを改善することになるだろう。

 これは離脱率の改善(より多くのユーザーを継続させる)、ユーザーエンゲージメントの改善による課金回数の増加(LTVの増加)、ユーザー分析の改善によるマーケティング・チャネル(ユーザー獲得、プッシュ通知、メールなど)全体でのマーケティング・キャンペーンのカスタマイズなど、さまざまな目的で利用できる。

 つまりは、今あるデータをより有効活用し、より少ない手作業で多くの最適化を行うことができるようになる。

 アプリ市場の競争が激しく、消費者のアテンションスパンが短くなっている現在、マーケターはユーザー獲得戦略を適応させ続けるだけでなく、既存ユーザーの注目を維持するための新しい方法を考え出すことが極めて重要になっている。

 新しいクリエイティブ トレンドを常に把握すること、インクリメンタルなグロースが可能なチャネルへの拡大、オファーウォールなどのリワード広告の活用は、これらのユーザーの注目を集め、維持するための重要な要素になると思われる。

 これら4つのトレンドを活用することで、マーケターは2023年以降のモバイルマーケティング戦略のパフォーマンスを最大限に高めることができるだろう。

ironSourceについて

 ironSourceは、アプリエコノミーにおける主要ビジネスプラットフォームだ。

 アプリ開発者は、ironSourceのプラットフォームを利用することで、アプリを成功するスケーラブルなビジネスに変え、ユーザーエンゲージメントの向上、コンテンツの収益化、ビジネスパフォーマンスの分析と最適化を支援する包括的なソフトウェアソリューションセットを活用して、アプリ全体の成長を促進することができる。

 また、ironSourceプラットフォームは、通信事業者がより豊かなデバイス体験を実現することも可能にし、デバイスのライフサイクルを通してユーザーにエンゲージメントできるよう、関連性の高いアプリやサービスの推奨を実現する。

 ironSourceは、アプリエコノミーの中核となる構成要素のための包括的なビジネスプラットフォームを提供することで、顧客が最も得意とすること、すなわち優れたアプリとユーザーエクスペリエンスの創造に集中することを可能にし、アプリエコノミーにおける顧客のビジネス拡大を実現する。

 詳しい情報はWebサイト(https://www.is.com/ja/)にて公開されている。

【関連リンク】

\無料登録受付中/