無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

最もよく見るSNSの縦型動画、Youtube(Shorts)が1位 紹介された商品やサービスを複数回購入する層も3割超【テテマーチ調査】

「最もよく見るSNSの縦型動画はどれですか?」という設問への回答円グラフ

 テテマーチは、首都圏在住の20代~40代の男女300名を対象に行った「SNSの縦型動画に関する意識」についてのアンケート結果を公表した。調査によると、今後縦型動画を好んで視聴するユーザーは増加することが予想でき、企業はプラットフォームの特性を理解したうえで、プロモーションを実施することで成果に結びつきやすくなるという。

「縦型動画を見る理由は?」という設問への回答グラフ

 最もよく見るSNSの縦型動画について聞いた設問では、YouTube(shorts)が43.0%で最多。次いでInstagram(Reels)が35.7%、Twitterが9.3%と続いている。縦型動画を見る理由については、「短時間で見やすいから」という理由が40.0%を占め全世代の1位となっている。この設問では「自分も発信しているから」と回答した女性の割合が年代を重ねるにつれて微増しており、テテマーチは「結婚や出産などを経て自分の時間が増える女性ならではのライフスタイルの変化により、SNSに費やす時間が生まれていることが影響していると考えられます」と分析している。

「商品やサービス紹介のための“プロモーション目的の縦型動画”を見て、その商品やサービスを購入したことがありますか。」という設問への回答円グラフ

 また、縦型動画で紹介された商品やサービスを購入したことについて「数回ある」が30.6%、「何度もある」が10.0%、「一度だけある」が7.2%という結果となり、47.8%が購入したことがあると判明。「購入したことがある」という回答は男性が52.7%、女性が42.5%となり、男性の方がプロモーション目的の縦型動画を見て商品やサービスを購入している割合が高いとわかった。

【関連リンク】

\無料登録受付中/