取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

携帯電話・スマホでのオンラインショッピング利用者の4割弱が1年間で10回以上利用【マイボイスコム調査】

 マイボイスコム株式会社は、18回目となる『オンラインショッピングの利用』に関するインターネット調査を2022年4月1日~5日に実施した。

 調査の結果、直近1年間に携帯電話・スマートフォンでオンラインショッピングを利用した人のうち、10回以上利用した人は4割弱で増加傾向で、パソコンで10回以上利用した人は5割強であることがわかった。

 また、直近1年間に携帯電話・スマホでのオンラインショッピングで購入したものは「食料品・飲料・アルコール」「衣料品」が利用者の40%台となり、パソコンで購入したものと比べて「衣類小物、装飾品」「化粧品、美容用品」が上位であることがわかった。

 まず、通信販売の申込み手段についての調査では、通信販売の利用経験者は89.3%となり、そのうち直近1年間に「インターネット(パソコン)」から申し込んだ人が81.0%、「インターネット(スマートフォン)」は42.6%で、過去調査と比べて増加傾向だった。

 携帯電話・スマートフォンでのオンラインショッピングの利用頻度では、直近1年間に携帯電話・スマートフォンでオンラインショッピングを利用した人のうち、10回以上利用した人は4割弱で増加傾向だった。

携帯電話・スマートフォンでのオンラインショッピングの利用頻度の調査結果

 女性で比率が高く、女性若年層では各50%台となっている。

 パソコンでのオンラインショッピングの利用頻度の調査では、直近1年間にパソコンでオンラインショッピングを利用した人のうち、10回以上利用した人は5割強となった。
2021年調査と比べて、「20回以上」が微増している。

パソコンでのオンラインショッピングの利用頻度の調査結果

 直近1年間に携帯電話・スマートフォンのオンラインショッピングで購入したものについての調査(複数回答)では、「食料品・飲料・アルコール」「衣料品」が利用者の各40%台で、「靴・バックなど衣類小物、装飾品など」「生活用品」「書籍・雑誌・コミック(電子版以外)」が各3割弱となった。

携帯電話・スマートフォンのオンラインショッピングで購入したものについての調査結果

 パソコンで購入したものと比べて「靴・バックなど衣類小物、装飾品など」「化粧品、美容用品」は上位に、「家電製品、AV機器・カメラ、携帯電話、スマートフォン」「パソコンなどコンピュータ関連機器」は下位になっている。

 調査結果の詳細は以下のリンクより確認できる。

 https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=28507

【関連リンク】

【関連記事】