第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

ネットイヤーグループ、2022年3月期決算発表 営業利益は前事業年度比46.1%増の205百万円

 ネットイヤーグループ株式会社は、2022年4月28日、2022年3月期の連結業績を発表した。

 当事業年度の経営成績は、売上高3,416百万円(前事業年度比0.2%増)、営業利益205百万円(前事 業年度比46.1%増)、経常利益205百万円(前事業年度比46.4%増)となった。なお、当期純利益は、特別利益 として関係会社株式売却益を604百万円計上、法人税、住民税及び事業税を136百万円、法人税等調整額を93百万円計 上したこと等から580百万円(前事業年度比119.9%増)となった。

 同社は、長期化する新型コロナウイルス感染症の対策として、リモートワークを中心と した柔軟な労働環境や制度の充実の他、営業活動やプロジェクト業務でも、ビデオ会議システムを活用した社内外とのコミュニケーションを推進し、新しい働き方への変革を続けている。

 また、過年度より取り組んできた収益体質の改善に一定の成果が出たことから、当事業年度を事業再成長の年と位置づけ、既存の受託領域の 拡大と新規領域への投資を積極的に進めてきた。

 受託領域は、大口顧客の案件が拡大するとともに、大型プロジェクトの効率的な運営等によって人員の稼働率が向上した。

MMD

MMD-banner