第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

データサイエンティストの需要は高水準 62%の企業が確保できず【データサイエンティスト調査】

 一般社団法人データサイエンティスト協会は、国内企業におけるデータサイエンティスト(以下 DS)の採用に関する調査結果を発表した。

 同調査によると、DSを目標通り確保できなかった企業は62%にのぼるなど、DSに対する企業の採用意欲は高いことがわかった。

 これらの調査は、データサイエンティストと企業のミスマッチを解消し、DSの経験・能力を正しく活かすことを目的として行われている。

データサイエンティストの採用動向調査結果

調査結果まとめ

  • DSを直近1年で増やした企業は41%でコロナ禍でも堅調
  • DSを目標通り確保できなかった企業は62%で昨年よりも拡大
  • DS人材の育成・研修制度として、社内外の研修制度を提供している企業が減少
  • 今後増員したいDSのタイプとしては、ビジネスタイプが36%、アナリストタイプが28%、エンジニアタイプが34%
  • 今後、採用・育成したいDSは「ビジネス課題解決を得意とする人材」が最も多く43%で過去最高水準
  • 「データを使ったサービスを開発する人材」に対する採用・育成ニーズも増加傾向
  • 中途採用では「経験者のみ」を採用する企業の割合は72%と昨年から続いて高い水準

データサイエンティスト人材の増減と内訳

データサイエンティスト人材の増減と内訳

データサイエンティスト採用の充足度

データサイエンティスト採用の充足度

データサイエンティスト人材の育成・研修制度

データサイエンティスト人材の育成・研修制度

今後増員したいデータサイエンティストのタイプ別内訳

今後増員したいデータサイエンティストのタイプ別内訳

今後3年間で採用・育成したいデータサイエンティストの人材像

今後3年間で採用・育成したいデータサイエンティストの人材像

今後3年間で採用したいデータサイエンティストの人材像(中途採用)

採用したいデータサイエンティストの人材像の調査結果

調査概要

  • 調査対象 :日本国内一般企業(人事担当者向け)
         ※従業員30名以上の企業を対象に、企業規模別にランダム抽出
  • 調査手法 :郵送法+Web調査
  • 調査期間 :2021年9月10日~10月21日
  • 有効回答数:約333社(発送5,400社、回収率6.2%)
          郵送:140社、Web:193社

 

 調査結果の詳細は以下を参照のこと。

https://www.datascientist.or.jp/common/docs/corporate_research2021.pdf

【プレスリリース】

【関連記事】

MMD

MMD-banner