マーケティングオートメーション市場規模、2021年から2026年にかけて増加予想

グローバルインフォメーション

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「マーケティングオートメーション市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を11月30日より開始した。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037045-marketing-automation-market-global-industry-trends.html

グローバルインフォメーション

市場の概要

世界のマーケティングオートメーション市場は、2015年から2020年にかけて約13%のCAGRで成長した。マーケティングオートメーションは、反復的な作業を自動化することでマーケティングプロセスを合理化し、ウェブ、テキスト、電子メール、ソーシャルメディアなどの複数のチャネルで多機能なキャンペーンを管理する。マーケティングオートメーションは、Eメールマーケティング、ランディングページの作成、クロスチャネルでのマーケティングキャンペーン、クロスセル・アップセル、リテンション、Webサイトのパーソナライゼーション、ROI(Return On Investment)の測定、リードジェネレーション、ナーチャリング、スコアリングなどに役立つ。これにより、企業は、ROIの最大化、時間とリソースの節約、業務効率の向上、戦略的業務への集中、低コストでの高収益と急成長を実現することができる。その結果、B2B(企業間取引)とB2C(一般消費者向け取引)の両方で、世界中の企業に普及している。

市場の動向

急速なデジタル化とビジネスプロセスの複雑化に伴い、マーケティングオートメーションの適用が増加している。マーケティングオートメーションは、マーケティング業務を簡素化し、リードクオリフィケーションプロセスや消費者との初期対話から販売後のサポートやデジタルキャンペーンの作成までを自動化するために採用されている。さらに、中小企業では、マーケティングオートメーションを導入して、販売の調整、プログラムの拡張、顧客エンゲージメントの追跡、パーソナライズされたターゲットコミュニケーションの提供などを行っている。また、Eメール、ソーシャルメディア、インバウンド、アカウントベースドマーケティング(ABM)への関心の高まりも、市場の成長に貢献している。さらに、ヘルスケア業界では、予約フォームを構築し、その離脱を最小限に抑えるためにマーケティングオートメーションが採用されている。さらに、オンラインデータ量の増加に伴い、銀行・金融サービス・保険(BFSI)業界では、マーケティングエコシステムの変化に対応するために、マーケティングオートメーションの利用が拡大している。また、人工知能(AI)の導入も、今後数年間の市場を牽引すると予想される。世界のマーケティングオートメーション市場は、今後5年間で力強い成長を遂げると予想されている。

主要な市場区分

世界のマーケティングオートメーション市場は、地域、コンポーネントタイプ、展開タイプ、エンドユーザー、アプリケーション、最終利用産業に基づいて分類されている。

市場の競合状況

世界のマーケティングオートメーション市場における主要な企業としては、Actecampaign LLC、Act-On Software Inc.、Adobe Inc.、Cognizant Technology Solutions Corporation、Hubspot Inc.、International Business Machines Corporation、Oracle Corporation、Salesforce.com Inc.、SAP SE、SAS Institute Inc.、Teradata Corporationなどが挙げられる。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルお申し込みは、こちらから
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037045-marketing-automation-market-global-industry-trends.html

【プレスリリース】