第6回 MarkeMedia Days 無料申込受付中 >

Google SEO 101:検索結果のスニペットをアップデートする方法

Googleの最新の「Search for Beginners」の動画は、検索結果の効果的なスニペットの作り方を教える特訓コースだ。

情報が初心者向けであることを考えると、この動画でカバーされていることは、経験豊富なSEO担当者にはすでに知られているかもしれない。

SEOに慣れていない人や、検索スニペットについての知識を新たにしたい人のために、ビデオの簡単な要約を紹介しよう。

検索スニペットの重要性

検索スニペットは、検索者がどの結果をクリックするかを決定する際に使用する主要な情報です。

スニペットに基づいてページを選択する

Googleの検索スニペットは単なるメタ情報ではない。「スニペット」とは、タイトルとディスクリプション、およびWebページに関するその他の重要な情報の両方を指す。

タイトルと説明の他に、スニペットには次のものが含まれる。

  • ページが発行された日付
  • ページの作成者
  • 製品の価格
  • 製品の在庫の有無
  • その他

ページタイトルは、ページが提供する内容を記述する必要があるが、一方で良いディスクリプションは、ページ上のコンテンツの1文または2文の要約である。

Googleの推奨:タイトルとディスクリプションを書く

ページタイトルを書くときには、ホームページを「ホーム」とするような曖昧な表現は避けましょう。また、長いタイトルは検索結果で切り捨てられる可能性があるため、使用しないようにしよう。

タイトルには説明的な用語を使用しますが、同じ用語を繰り返し使用したり、過度に同義語を使用したりしないでください。Googleや検索ユーザーにとってはスパムのように見えるかもしれないからである。

ページごとに固有のタイトルを使用することが重要である。多くのコンテンツ管理システムでは、独自のページタイトルを手動で入力できるようになっている。

コンテンツ管理システムにタイトルと説明を書き込む

Googleが検索スニペットを生成する仕組み

検索結果に表示されるスニペットは、Googleによって自動生成されます。スニペットは、ユーザーの特定の検索に最も関連するページ上のコンテンツを強調することを目的としています。

検索ユーザーのクエリによって、同じページに異なるスニペットが表示される場合があります。Googleは関連性があり役に立つタイトルと説明を選ぼうとするからである。

つまり、すべてのタイトルと説明を手作業で書いたとしても、Googleはユーザーが入力したクエリに応じて別の選択肢を選ぶ可能性がある。

このビデオはメタディスクリプションのみに焦点を当てており、リッチスニペットについては別の動画がすでに作成されています。

メタディスクリプション

Googleの推奨:メタディスクリプション

Googleによると、優れたメタディスクリプションとは、特定のページが何に関するものかを、関連性のある形で簡潔にまとめたものだという。

Googleは、潜在的な顧客を説得してあなたのウェブサイトを訪問させるために、メタディスクリプションを「ピッチ」として考えることを提案している。そのため、各ページに固有で関連性のあるものでなければならない。

メタディスクリプションの長さに制限はないが、必要に応じて検索結果で切り捨てられる。

検索スニペットの詳細については、下のGoogleの動画で学ぶことができる。

【参考】

【関連記事】