Google、Androidデバイスでの音声検索をGoogle Assistantに置き換える

Androidの音声検索がGoogle Assistantへ移行

報道によると、GoogleAndroid搭載端末の音声検索機能をGoogle Assistantに置き換える作業を進めているようです。

9to5Googleの報道によると、Googleアプリと検索バーのウィジェットで、以前の音声検索アイコンがアシスタントアイコンに置き換えられたようです。

さらに、以前は”「こんにちは、Google」と言ってください。”というメッセージが表示されていた検索バーウィジェットは、「アシスタントに問い合わせる」を表示するようになりました。

音声検索を起動するとアシスタントによって音声クエリが実行され、結果がスライドアップパネルに表示されます。

9to5Googleによると、この変更は一部のAndroidユーザーには適用されているとのことです。

この変化は何を意味するのか?

Googleが通常の音声検索からAssistantに焦点を移したことは、Googleの今後のサービスの方向性を示しています。

アシスタントが直接の回答を提供する傾向があることを考えると、この変更はサイト運営者へのオーガニック検索トラフィックのごく一部に影響を与える可能性があります。

ユーザーが必要な回答をGoogle Assistantから得ると、サイトを検索してクリックする必要がなくなる。

ただし、すべてのクエリに対してアシスタントが直接回答を提供できるわけではないことに注意してください。

繰り返しになりますが、この変更はAndroidで音声検索を使って行われる検索の割合にのみ影響を与える可能性があるということです。

しかし、Googleは音声検索データを提供していないので、そのパーセンテージがどの程度なのかを正確に知ることは現時点では難しいようです。

参考:Google is Replacing Voice Search With Google Assistant on Android Devices

 


MARKETIMES編集部

MARKETIMES編集部

MARKETIMESを運営する編集部。国内や海外のデジタルマーケティング情報を中心にノウハウや事例、調査データなど幅広くご紹介しています。

関連記事

  1. 4Pとは?3Cとは?

    マーケティングの基本!3C分析と4Cとは?

  2. Googleのモバイルでのテキストカルーセル広告

    Google社、モバイルでのテキスト広告のカルーセルをテスト中

  3. 検索エンジン表示結果対策

    Google検索エンジンの検索結果表示を最適化できる人気の無料WEBサービス「SERP simulator」

  4. SEOのコンテンツの重要性

    価値あるコンテンツとは?短期的なSEO対策よりもコンテンツの質が重要な理由

  5. Googleモバイル検索結果表示内容の画像サムネイル使用増加の記事にアイキャッチ画像

    Googleがモバイル検索結果のスニペットで画像サムネイルを積極的に使用

  6. Rankguru SEO

    Macに対応している検索順位チェックアプリ「RankGuru SEO」の設定と使い方

  7. 検索エンジンとカスタマージャーニー

    コンテンツマーケティング戦略におけるカスタマージャーニーと検索の最適化

  8. 検索エンジンの改善

    Googleは昨年、検索に3200の改善を実施

  9. SEOキーワードとコンテンツアイデアを調査できる無料ツール「AnswerThePublic」

marketimes_member_banner



ニュースレター登録

最新記事

  1. amazon-search-ad
  2. ソーシャルメディア広告費が印刷広告費を初めて上回る
  3. デジタルが旅行マーケティング与える影響
  4. マーケティングとブランディングのち外

今週の人気記事

  1. CDPのアイキャッチ
  2. iOS13、ダークモード、そしてAppleの新しいiPhone:Eメールマーケターが知っておくべきこと
  3. H1は有用だが重要ではない
  4. 混合コンテンツのブロック




PAGE TOP