Google、Androidデバイスでの音声検索をGoogle Assistantに置き換える

Androidの音声検索がGoogle Assistantへ移行

報道によると、GoogleAndroid搭載端末の音声検索機能をGoogle Assistantに置き換える作業を進めているようです。

9to5Googleの報道によると、Googleアプリと検索バーのウィジェットで、以前の音声検索アイコンがアシスタントアイコンに置き換えられたようです。

さらに、以前は”「こんにちは、Google」と言ってください。”というメッセージが表示されていた検索バーウィジェットは、「アシスタントに問い合わせる」を表示するようになりました。

音声検索を起動するとアシスタントによって音声クエリが実行され、結果がスライドアップパネルに表示されます。

9to5Googleによると、この変更は一部のAndroidユーザーには適用されているとのことです。

この変化は何を意味するのか?

Googleが通常の音声検索からAssistantに焦点を移したことは、Googleの今後のサービスの方向性を示しています。

アシスタントが直接の回答を提供する傾向があることを考えると、この変更はサイト運営者へのオーガニック検索トラフィックのごく一部に影響を与える可能性があります。

ユーザーが必要な回答をGoogle Assistantから得ると、サイトを検索してクリックする必要がなくなる。

ただし、すべてのクエリに対してアシスタントが直接回答を提供できるわけではないことに注意してください。

繰り返しになりますが、この変更はAndroidで音声検索を使って行われる検索の割合にのみ影響を与える可能性があるということです。

しかし、Googleは音声検索データを提供していないので、そのパーセンテージがどの程度なのかを正確に知ることは現時点では難しいようです。

参考:Google is Replacing Voice Search With Google Assistant on Android Devices

 






MARKETIMES編集部

MARKETIMES編集部

MARKETIMESを運営する編集部。国内や海外のデジタルマーケティング情報を中心にノウハウや事例、調査データなど幅広くご紹介しています。

関連記事

  1. SEOツール10選

    【SEO対策】国産より圧倒的に高性能!海外で人気の無料SEO解析ツール10選

  2. Rankguru SEO

    Macに対応している検索順位チェックアプリ「RankGuru SEO」の設定と使い方

  3. Googleのモバイルでのテキストカルーセル広告

    Google社、モバイルでのテキスト広告のカルーセルをテスト中

  4. 4Pとは?3Cとは?

    マーケティングの基本!3C分析と4Cとは?

  5. Google検索画像表示拡大

    Googleがウェブ検索結果の画像表示を拡大

  6. 検索エンジンとカスタマージャーニー

    コンテンツマーケティング戦略におけるカスタマージャーニーと検索の最適化

  7. Google RankBrain

    Google RankBrain 完全ガイド 2019年版|今のSEOは滞在時間や離脱率も重要?

  8. SEOキーワードとコンテンツアイデアを調査できる無料ツール「AnswerThePublic」

  9. Google検索のメニューアイコン

    Googleがアイコン付きの新しい検索メニューを発表

おすすめイベント

メンバー会員

ニュースレター登録

最新記事

  1. Androidの音声検索がGoogle Assistantへ移行
  2. Google、画像検索結果から簡単にウェブページにアクセス可能に
  3. 4Pとは?3Cとは?
  4. Googleの自然検索流入が減少する一方でDuckDuckGoが増加

今週の人気記事

  1. 動画コンテンツはコンテンツマーケティングの未来
  2. Googleの自然検索流入が減少する一方でDuckDuckGoが増加
  3. Google、画像検索結果から簡単にウェブページにアクセス可能に
  4. 4Pとは?3Cとは?

Sponsored Link

PAGE TOP