海外ECサイト利用調査

10代のEC利用者、半数以上が「海外EC」の利用経験あり



株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年1月度)』の結果を発表した。

本調査は、17歳~68歳の男女1,100名を対象にしている。

また、集計データとしてまとめた全127ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード可能。

海外EC利用経験者


調査結果の概要

10代のEC利用者の半数以上に、「海外EC」の利用経験

ECの利用経験者のうち、海外のECサイト※1を「利用したことがある」人は30.5%、「知っているが、利用したことはない」人は37.2%。海外のECサイトを「利用したことがある」人の割合を年代別に見てみると、10代(55.1%)、20代(43.3%)、30代(30.8%)、40代(23.1%)、50代(23.9%)、60代(21.1%)でした。10代の半数以上が海外のECサイトから商品を購入したことがあることがジャストシステム社の調査でわかった。
※1 日本企業が運営するECモールへの出店ではなく、海外企業による直営EC。

「海外ECサイト」を知ったきっかけは、女性は「Instagram」、男性は「ネット記事」

海外のECサイト利用経験者に、海外のECサイトを知ったきっかけを聞いたところ、「インターネットのニュース記事」が最も多く(30.1%)、次いで「友人・知人」(22.4%)、「Instagram」(21.9%)。男女別に見てみると、男性は「インターネットのニュース記事 」を挙げた人が最も多く( 37.4 %)、女性は「 Instagram 」(31.5%)。
※複数回答あり。

海外ECを利用する理由は、「日本にはない商品がある」

海外ECを利用する理由について聞いたところ、「日本にはない商品がある」を挙げるEC利用経験者が最も多く(63.3%)、次いで「価格が安い」(50.5%)、「商品の種類が豊富にある」(34.2%)。年代別に見てみると、30代を除く全世代で「日本にはない商品がある」を挙げた人が最も多く(10代:51.9%、20代:46.2%、30代:51.4%、40代:78.6%、50代:92.3%、60代80.8%)で、30代は「価格が安い」と回答していることがわかった(59.5%)。40代以降は、「価格が安い」ことよりも(40代:57.1%、50代:50.0%、60代:65.4%)、「日本にはない商品がある」ことに海外ECの魅力を特に感じているという。
※複数回答あり。

海外EC利用時のトラブルは、「配送遅延」が3割以上

海外のECサイトを利用した際のトラブル経験を聞いたところ、最も多くの人から挙がったのは「予定よりも配送が遅くなった」(34.7%)、次いで「商品の中身が思っていたものと違った」(31.1%)、「パッケージが汚れていた/ 破損していた」(24.5%)。「商品が発送されなかった」と答えた人は17.9%いました。なお、「トラブルに遭遇したことはない」と答えた人は25.0%。
※複数回答あり。

調査期間:2020年1月27日(月)~2月1日(土)
調査対象:Fastaskのモニタのうち、17歳~68歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

【参考】

【関連記事】

この記事のタイトルとURLをコピーする

同じカテゴリーの記事