CA、来訪者分析サービスの提供を開始 デジタル広告を活用した集客プロモーションの最適な配信設計が可能

AIR TRACK

AIR TRACK

株式会社サイバーエージェントはAI事業本部において、商圏のユーザー行動を可視化し、デジタル広告を活用した集客プロモーションの最適な配信設計を支援する来訪者分析サービス「AIRTRACK for Visit Promotion Design (VPD)」の提供を開始した。

近年、チラシに変わる販売促進として、集客を目的としたデジタル広告の活用が活発化し、その取り組み方について議論・検討がなされている。アメリカのジオマーケティング市場は、2020年の1兆円から2025年には3兆円規模にまで成長すると予想され(※)、ジオデータを活用した取り組みは今後、益々重要性を増してくると予想される。
(※2020年8月 MarketsandMarkets社発表 ジオマーケティングの世界市場 (~2025年))

これまでのジオマーケティング広告においては、ターゲットとすべき競合店を正確に把握できていない、競合店舗にシェアを奪われているエリアに十分な広告配信ができていないなど、最適な配信設計が実施できていない場合があった。

このような背景のもと、当社では、AIRTRACKが保有する膨大な位置情報データ(ジオデータ)を活用し、自店舗における集客状況だけでなく、周辺の競合店舗の集客状況の可視化、自店舗に一定期間来店されていない離反ユーザーの可視化など、ジオデータだからこそできる来訪者分析サービス「AIRTRACK for Visit Promotion Design(VPD)」 を開発した。

AIRTRACK for Visit Promotion Design(VPD)

本サービスで各地域の集客状況を可視化することで、エリアごとにどの競合をベンチマークにするのか、そして限りある予算をどのエリアに投下するのかをこれまで以上に精度高く設計・検討でき、より広告効果の見込めるエリアに対する重点的な広告予算の投下が可能になる。
また、オフラインでの広告配信においても同様の分析を行うことで、OOH広告を含めた販促広告予算の最適化へ活用いただける。

当社は今後も高い技術力を生かし、新しいマーケティング手法の提供を始めとした様々な取り組みを通して、広告主企業の広告効果の最大化に尽力していく。

※ 「AIR TRACK」の計測データは個人情報と同等に扱い、事前にユーザーの許可を求め、広告配信を許可する意思を示したユーザー(オプトインユーザー)のみに広告・通知を配信する。分析及び連携も同様に、オプトインユーザーのみでの機能となる。また本サービスはユーザーの意志により自由にオプトアウトすることが可能。
窓口URL:https://www.airtrack.jp/guideline/

【プレスリリース】

【関連記事】