アドエビス、Yahoo!広告の広告コスト自動取得を提供開始

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

株式会社イルグルムは、マーケティング広告効果測定プラットフォーム「アドエビス」において「Yahoo!広告」の広告データ自動取得を2020年7月15日より提供開始した。

アドエビスでは、連携する媒体情報を設定するだけで広告データの自動取得が可能な「広告データ自動取得機能」を提供。設定の翌日から日次でデータを自動取得し、管理画面上に表示する。

ヤフー株式会社が提供する広告・サービスのリニューアルに伴い、新たにYahoo!広告と連携開始。これにより、すでに連携済みのGoogle広告をはじめ、計6媒体の広告データの自動取得が可能となる。

すでに連携済みのGoogle広告をはじめ、計6媒体の広告データの自動取得が可能となる。

自動取得した各種広告データはダッシュボードに反映され、これまでデータの集計や加工にかかっていた時間を大幅に短縮するだけでなく、視覚化による迅速な現状把握を後押しする。

ダッシュボードでは、CPAやROASといった主要指標の進捗状況をはじめ、コストの消化状況や月末時点の着地見込みなど、広告の成果判断に必要な各種情報を確認することが可能。

CPAやROASといった主要指標の進捗状況をはじめ、コストの消化状況や月末時点の着地見込みなど、広告の成果判断に必要な各種情報を確認することが可能。

取得した広告データは、施策の評価や予算配分の最適化にも活用でき、スピーディーかつ効果的な意思決定をサポートする。

施策の評価や予算配分の最適化にも活用でき、スピーディーかつ効果的な意思決定をサポートする。

【プレスリリース】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事