数多くのブランドを展開するネスレ日本のマーケティング施策最適化策とは?

数多くのブランドを展開するネスレ日本のマーケティング施策最適化策とは?

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

世界190カ国に拠点を持ち、2000以上のブランドを展開するネスレ。

日本でも100年以上にわたってビジネスを行う同社では、下記のようなメディア戦略・マーケティングの課題を抱えていました。

  • 広告代理店が提出する資料を読み解き、整理した上でデータ分析をするために膨大な時間が取られる
  • 媒体統轄室で作成した資料が他部署にとっては理解が難しく、データ読み解きのためのレクチャーに時間が費やされる
  • 結果として本来注力すべき戦略策定に時間を割くことができずデータを活かした迅速な打ち手が打てない

この課題を解決したのがDatoramaとの出会いです。

Datoramaの導入がもたらしたものは、これまでの施策を後追いで評価する”Post Evaluation”からリアルタイムで状況を把握する”Live Monitoring(ライブモニタリング)”へのシフト。

結果として施策のPDCAを日時で回せるようになり、1回のレポート作成時間48時間短縮、月次の目標達成確度の大幅向上、厳密なメディアプランも不要になったとのことです。

本資料では、ネスレ日本のDatoramaとの出会いから、ライブモニタリングを実現するまでの過程、そしてどのように課題が解決していったかを解説した資料です。ご興味のある方はぜひご覧ください。

広告施策のデータをDatoramaに統合しメディア戦略のPDCAを飛躍的に高速化

■資料目次

  • ネスレ日本の抱えていたメディア戦略、マーケティング課題
  • Datoramaとの出会いから導入ステップ
  • デジタルマーケティング関連のデータ統合とダッシュボード化
  • TVCM視聴データとオンラインデータの統合でリアルタイムでの広告効果最適化
  • 施策を後追いで評価するPost Evaluationから
    リアルタイムで状況把握するLive Monitoring(ライブモニタリング)へのシフト
  • ライブモニタリングの実現でオンライン/オフラインデータが
    可視化された結果得られた新たな知見

本資料のダウンロードは終了しました

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事